GWに突入しましたね!きっとヴァカンスに行かれていらっしゃるかたも多いのでは…?私は窓の外の柿の木を眺めて、日に日に成長する枝葉に感動している日々でございます。何かと慌ただしいこの時期は、都内を行脚しているか自宅にいるか、という状況なのです。

そんな私ですが、柏餅を買いに行くことだけは忘れません(笑)

文京区小石川の「一幸庵」さんの柏餅です。片口の器に入れてみました。風情があります。

こしあんが売り切れていたので、つぶあんと味噌あんをひとつずつ。草餅の緑と、ピンク色がきれいだったので柏の葉っぱの上に並べてみました。意外と素敵でこうやってお出しするのも良いかな?とか(でも食べづらいですよね…却下ですね)

はんなりとした感じになりますね。でもきっとこれは柏餅ではないなぁ。

端午の節句に柏餅をいただくのは江戸の頃からの風習で、生命力の強い柏の木にあやかって縁起をかついだそうです。武家の習わしとも言われていて、家督を継ぐ男子に強くたくましく育って欲しいという願いをかけたのも頷けます。そしてなんといっても美味しくって私も大好物です!その昔、横浜の綱島にある「や満田屋」さんの柏餅が衝撃的に美味しくて、一度に何個も食べてしまったことがあります。あの柏餅、またいただきたいなぁ♡