2016.5.8

ヴァカンスはモロッコへ〜メディナ散策。

所狭しと置かれてる、その並べっぷりに感心。

メディナというと、ネット情報では「入ったら二度と出られないんじゃないか……!」ぐらいの勢いで迷宮っぷりがアピールされていましたが、案外そんな大変なこともなく。最後のほうでは、もはや地図なんてなくてもスイスイスイ〜とお宿へ帰れたくらい。ほかの街はわからないですが、フェズにおいては、メインの2本の通りさえしっかり理解できていれば、結局はその道につながるシステムになっていてました。そしてなんといってもgoogle mapはすごい。Wifiなくてもマップは見れるから、道を確認しつつ歩けば、どこでも行けちゃいます。

で、滞在2日目はウキウキとメディナを探検。

とにかく青空なだけでも(パリから来ると特に)舞い上がる♪
タイムスリップ感、的な通り。
子供たちの佇まいも素朴で面白い。
通りには、オレンジジュースの(キレイに皮が剥かれたオレンジが用意されているのに胸アツ)スタンドがあったり。

エキゾチックすぎて、歩いているだけで楽しい。

最初の頃は、ヘンに声をかけてくる人はあわよくばお金をせびろうとしているんだろうと用心してましたが、「そこに行くならここの道から行ったほうがいいよ」と連れて行かれ、でもその先で「じゃあね」なんてあっさり別れられたり、「日本に今度行くんだよー!」なんて話しかけて来た人が本当に単に日本が好きだというアピールがしたかっただけらしい、なんて体験を重ねて行くうちに、「ここの人たちは単に本当にいい人が多いらしい」と判断。

でも、そんな人たちと話したり店をひやかしたりしていると、メディナでの時間はあっという間に過ぎて行きます。

「えー、そんなに高いのかあ」とか(口だけ)言って見ている私。しかし、包まっている時点でもう買ったも同然w

そしてお店で本気で買い物しようとすると、さらにもっと時間がかかるw まあよく知られていることですが、値段はあってないようなもので、どこでもなんでもお値段交渉するのがモロッコルール。最初は勝手がわからなくて、先方が言う半分ぐらいの値段からスタートしてみましたが、何度かトライしていくうちに、どうもフェズの人は、 そこまでふっかけてくるわけでもないらしい……というのも判明。

マラケッシュに行った人の話だと、マラケッシュはそれこそ倍以上の値段を最初に言ってくるらしいのですが、フェズの人たちは、こちらの言い値に本当にびっくりして「いやそれはちょっと、、、」というそんな感じ。大体、もともとがすでに安いので、途中からは「この値段で買いたい」というのを最初に決め、それを目標に交渉する作戦に変更。

そんなメディナが面白すぎて、結局6日、それもフェズだけに居たのに、買いたいもののリストを制覇する前にタイムオーバーになってしまったほど。やっぱり、1都市だけでのんびりする案は良かったなあとつくづく。

次も、まだまだフェズ・レポート続きます〜。