こんばんは
百瀬今日子です
 

今週寒い東京です。

雪も舞いましたね。 

結晶が見えるほど大きなひとひら。

 

そんな冷え込む日は ゆっくりぐつぐつ煮込むものを作るのが好きです。
 

ココアをつくって ぬくぬくしてみたり。


平日はなかなかゆっくりじっくりは、、、ですが。


さて、煮込んでいるひととき。


どうなさってます?
 

わたしは一人 台所で本を読むのが好きです。(できないこともままありますが)


火をみながらも、本を愛でる時間。 

自分だけの贅沢な隙間。


いわゆるレシピ本ではなく、そこで好きな本の頁を繰るたのしみ。

ときに日本酒やワインを味見程度伴いながら。



あるときは、夏目漱石の草枕。


あるときは、石井好子「東京の空の下 オムレツのにおいは流れる」


あえてちょっと趣向のあるもの、色気のあるものを選んでいるかもしれません。


石井好子さんのご著書は、本の装丁だけでも好きです。表面はセロファンのようなものでつつまれた、モダン・クラシカル。

だんな様がおなくなりになった後のお話など。それでも食は暮らしの中にあり、。

いまは亡き母の本棚から持ってきました。



キッチンで読んでいる本。読みたい本。

みなさんはおありですか?

 

 

このところ寒さも相まってか、何度か泣きそうになりました。ちょっと立て込んでいたりもあって。そんなときもありますかね。人間だもの。


いろいろですね。
今週もあと少し。どうぞすてきな宵となられますよう


百瀬今日子でした

追伸:飯島奈美さんの本も食欲をそそりつい見てしまいます。
阿部なをさんはこころの糧にもなっており、じっくり味わいます。