2016.5.12

ヴァカンスはモロッコへ〜古都メクネス方面へ。

「世界の車窓から」的風景でいかがでしょう。

フェズ滞在も5日目の朝、朝食を取っていると宿のマダムが現れ「今日はどうするの? メクネスでは、インターナショナル農産物展をやってるから、それを見に行くのも面白いんじゃない?」と。農産物展とか、楽しそう。そしてメクネスは、事前調査でフェズ近隣の世界遺産であることもわかっていたので、俄然行ってもいいかも!という気になった。「電車で30分くらいよ〜」とのことだし、じゃあ行ってみよう!

身支度をしてからマダムに「電車はどのくらいの頻度で出るの?」と聞くと、「1時間に1本よ〜」という。そうかーなるほどね……って、その1本を逃したら、また1時間待たないといけないじゃん! 途中で気がつき、行き帰りの時刻表をプリントアウトしてもらった(そしてマダムはわりと気が利かないということが、その後もさまざまな場面で実証された)。

こちらはフェズのプチタクシー(赤)。なぜか突然知らない人が同乗してきたりして、さっぱりルールがわかりません。

メディナからプチタクシー(短距離はプチ、遠距離はグランタクシーと分かれている)に乗って駅に到着。無事に電車に乗り、メクネス駅と書いてある場所で降りようとすると、オジサンが話しかけて来て「メクネスは次の駅だよ」という。へ? でもここ、メクネスって書いてあるけど……。とはいえマダムはどこで降りるかもちゃんと教えてくれなかったので確信も持てず、言われるがまま次の駅でおりてみることに……。

ちなみにメクネスのプチタクはブルーグリーン。システムは同じです。

「俺良いことした」顔で去って行くおじさんにお礼をいいつつ、駅前に待機するタクシーの人に「農産物展に行きたい」というと、みんな「????」という顔に。仕方ないので「じゃあメディナに行きたい」というと「メディナは今昼だから閉まってる」という。はあ??? そして、ここに来たならローマ遺跡を見に行くべきだと異口同音に主張されるので値段を聞くと、ローマ遺跡&聖都ムーレイ・イドリスを廻って350ディルハムと言われる。はい? 高すぎる!

いったん断り、カフェで調査だ!とWi-Fiを探していると、先ほど駅を指摘してくれたオジサンがまたもや現れ、どうしたの?と。かくかくしかじか説明すると、「ちょっとタクシーに話を聞いてくる」となぜか交渉に行き、「本来は450ディルハムぐらいだから、350は妥当らしい」と、実直そうな運転手を連れて戻って来た。

うーん。なんか腑に落ちない気もするが、ローマ遺跡ともうひとつの街にタクシーで行って帰って来れるなら、よく考えたら35ユーロ程度って別にそこまで高くないのではないだろうか。もはや何が正しいのかわからないけれど、そゆのに乗ってみるのも面白いと(大した額でないし)、トライすることにしました。

ちなみにおりた駅はこちら。メクネスとは書いてない……けど……うーん?