海外セレブウォッチャーさかいもゆるの「セレブ胸キュン通信」

2016.5.18

ジャネット・ジャクソン49歳でオメデタ報道に
見る、アラフィフセレブママたち

億万長者のビジネスマンと2012年に結婚したジャネット・ジャクソンが、49歳にして第一子を妊娠したとのおめでたいニュースが。
億万長者と結婚とか、49歳で妊娠とかミラクルに近い内容に、やっぱりセレブになるひとは持ってるエネルギーがちがうのかしら……と思ってしまうけれど、Us Weeklyの記事によれば、49歳という年齢で自分の卵子を使った場合、自然にでも人工授精ででも、妊娠する可能性はわずか1%。つまり、ジャネットは卵子の提供者を使った人工授精か代理母を使って妊娠したのでは、という見解でした。
実はハリウッドではここ最近アラフィフママが増加中。ハル・ベリーは47歳で、ケリー・プレストンは48歳でそれぞれ息子を出産しているし、ジーナ・デイヴィスも48歳にして双子を授かっています。
バツイチシングルの私としては、未来に希望が沸いてくる、なんとも心強い話……!
ジャネットの兄であるマイケル・ジャクソンの娘パリスちゃんは、最近恋人とのキス画像や舌に開けたピアスをSNSで披露したりしてかなりお騒がせぶりを発揮しているけれど、ジャクソン家の新たな一員となるジャネットの子は、果たしてどんな子になるのか、ゴシップウォッチャー的にも、楽しみなのであります♪

おめでとうジャネット! 太り過ぎては極端なダイエットを繰り返すことでも話題の彼女だけに、産後どんな最新ダイエットに挑戦して、新たなゴシップを提供してくれるのかにも期待できそう。
父マイケルの葬儀のときに黒髪の美少女として注目されたパリスたんもいまや18歳。女の子とキスしたり舌にピアスを開けたりと、なかなかワイルドです。
写真/AFLO