両親がニューヨークに遊びにきました。彼らにとって初のニューヨークです!
せっかくなのでと、3日間だけ学校をお休みさせてもらい、ツアーコンダクターばりに観光案内をしました。

まず訪れたのは、父がどうしても行きたいと言っていた”ナショナルセプテンバー11メモリアル&ミュージアム”。あの悲惨な同時多発テロ事件から15年もたったなんて信じられませんが、忘れてはならない記録がたくさん詰まっているところ。涙なしには訪れられません。

グランド・ゼロに建設されたワンワールドトレードセンター。
メモリアルパークの慰霊碑には犠牲になられた2,983名の方のお名前が刻まれています。日本人の方のお名前も。


次は悲しみから一転し、車体半分がガラスばりのバスに乗って街中を巡りながら、各ポイントでアーティストが歌ったり踊ったりするのを楽しむ体験型エンターテインメント“The Ride” に乗車。ノリノリのトークを繰り広げる添乗員に圧倒されつつも楽しみました(笑)

  • 人気の体験型エンターテインメント“The Ride”。通行人からも手を振られます。
  • タイムズスクエアでは大道芸が。
  • プリマドンナがバレーを踊る場面も。


そして、定番のエンパイア・ステートビルからの眺めや自由の女神も、もちろん忘れてはいません。

エンパイア・ステートビルから街中を望みます。
自由の女神は思ったより大きかったです!

さらにはワンデイトリップを利用して、ワシントンD.C.まで足をのばしました!

ワシントンD.C.まではバスで片道4時間半の距離!疲れました…
国会議事堂。来年2月に次期大統領がここで演説をするそうです。

これらの観光を日々こなしながら(毎日2万歩近く歩きながら!)、久しぶりにゆっくり両親と話すことができた充実したひとときでした。ただ、今回痛感したのが、“昔より少し小さくなっている親の背中“です。東京では、いつでも行き来できる距離に住んでおり、月に数回は会っていたものの、これまでは彼らの老いをほとんど感じたことがありませんでした。父は定期的にジム通いをしているし、母は多趣味で友達も多く、ふたりでよく遊び歩いている夫婦。元気にストレスなく老後を過ごしているとばかり思っていましたが、時間は確実に過ぎているのですよね。少し切なくなりました。

1週間の旅程を終え、両親は無事帰国。
いまは遠く離れていますが、親孝行せねばーです。