2016.5.27

代官山文具散歩その1「クロニクルブックス代官山」

 

久々の更新です。

最近、家の近所でもある代官山散歩にハマっています。

ちょっとした小道や裏道に、個性的なお店が続々オープン。

「灯台下暗し」

知らないスポットばかりで毎回新発見です。

特に文具・雑貨店がこのところ増えてきて、私としては嬉しい限り。

このブログでも、時々散歩シリーズとしてご紹介していこうと思っています。

今回は、キャッスルストリートに今年3月にオープンした

「クロニクルブックス代官山」で見つけた文具を2つご紹介します。

まず「クロニクルブックス」ですが、サンフランシスコに本拠地を置く

出版社で、オリジナル文具やユニークな書籍などを扱うお店も経営しています。その直営店が、この度代官山にオープンしました。

お店の前で店長さんとパチリ。

店内は、本と文具が半分半分といった感じ。

特にアメリカのクロニクルブックスのオリジナル文具が私のツボにストレート!!

まず、こちら、なんと

「ビートルズのシングルスカードセット」2640円+税

 
 

レコード型の丸いカードが27枚と封筒が27枚。

丸いレコード面には、英米ナンバーワンに輝いたヒットソング27曲のタイトルがそれぞれに書かれています。

そして封筒がもっと凝ってます。

ただの正方形の封筒ではなく、二つ折りを開くとジャケット写真が印刷されていて、そこにカードをスライドして入れるという仕組み。

レコードジャケットがそのまま封筒になった感じ。

このサプライズに満ちた遊びココロは、さすがクロニクルブックスです。

渋谷のラジオのレギュラーでも、レコードをご紹介しているので、先日のラジオでも、このカードセットご紹介しました。

もう一つは、ポータブルレコードプレイヤー柄が表紙のハードカバーノート。

 

これまた音楽好きにはたまらない。

見返しには、レコード盤、ノートの中身は、無地のページに「サイド1」

方眼のページに「サイド2」この細かいこだわり。

 

あ、、レコードを知らない若い方にはピンとこないかしら、、笑

今、アナログ回帰で、音楽の世界でもレコードが流行ってきてるといいますので、それをいち早く文具に取り入れたというところが、さすがです。

この音楽シリーズが他にもたっくさんありますし、他にも刺繍が施された布地ノートにも目が釘付け。

ここでしか手に入らないオリジナル文具は、東京土産にもピッタリかも。

代官山駅から歩いて3分ほどですので、ぜひ立ち寄ってみてはいかがですか?