From editors 「編集部からこんにちは」

2016.6.4

弁護士・離婚カウンセラー原口未緒さんへの質問を大募集!

 

今回の質問募集は、ずばり「離婚!」離婚を現実的に考えている方だけでなく現在のご夫婦のお悩みも相談してみませんか?

編集部・大森です。

実は、このコーナーの担当になって、質問に目を通させていただいているうちに、必ず一度は向き合わねばいけないな、と考えていたテーマ、それが離婚です。
今回は、著書『こじらせない離婚 ~「この結婚もうムリ」と思ったら読む本』が話題の弁護士・原口未緒先生にお答えいただきます。

 

著書は、1つでもあてはまれば、きっとこの本が役に立ちます、と紹介されています。ぜひ、チェックしてみてください。

□「相手のイヤなところは?」と聞かれて10以上即答できる
□「相手が○○してくれたら、結婚生活はもっとうまくいくのに」と思う
□一刻も早く離婚したい。「離婚後」のことなんて考えられない
□相手が100%悪い
□相手が一番困ることをしてやりたい
□財産分与や慰謝料は取れるだけ取りたい
□慰謝料は「迷惑料」であり「心の傷の代償」だと思う
□親に「離婚したほうがいい」と言われて、離婚を考え始めた
□自分の1か月の生活費を把握できていない
□離婚後は相手に子どもを会わせたくない
□いつも相手の顔色をうかがって生きてきた
□自分のしていることに自信がない
□相手のDVは私に原因があるのではないかと思っている

ドキッとされた、そこのあなた、質問をするチャンスです!

現実的に離婚を考えている方や漠然とイメージされている方はもちろん、「結婚する前に離婚した時のための約束事で決めておいた方がいいことは?」「離婚がこじれる場合はどんなとき?」「モメずに離婚する方法なんてあるの?」などの一般的疑問でも構いません。

<質問例>
私もフルタイムで働いているのに、「家事育児は女がやるもの」と思ってまったく手助けしてくれない夫。そのことでケンカが絶えません。仕事をやめて家庭に入るべきか、いっそ離婚して一人で子供を育てるか、究極の選択に悩む毎日です……。(41歳)

一人娘を連れて実家に戻り、7年になります。夫から別居を切り出されて出て行ったのに、夫は毎月のように私たちの住む街へ遊びに来ます。連休は家族3人で旅行することもあります。夫に対して愛は冷め切っているのですが、娘は夫になついているので、娘のためを想い我慢して一緒に過ごしている状態です。娘は今、小学4年生。中学生になって部活や勉強が忙しくなったら、毎月夫と会うのも難しくなるから離婚しても大丈夫かな、と思ったり……。こんな状況の場合の、離婚のベストタイミングを知りたいです。(42歳)

もうすぐ一歳の息子をもつシングルマザーです。最近離婚しました。現在は実家暮らしです。シングルマザーとして前を向いてがんばろう!と思っているのですが時々気分が落ち込んでしまいます。息子には、笑顔で朗らかなお母さんの姿を息子にはみせたいのに……。どうしたら、もう少し気持ちを楽に笑顔でいられますか?(33歳)

離婚をするにしても、しないにしても、納得のいく夫婦生活を歩んでいくための指針にしていただければ、と。ご質問お待ちしております。

※質問の応募締め切りは、2016年6月10日(金)11:59までです!
(※こちらは募集を終了させていただきました。ご協力ありがとうございました。)