2016 Jun. 8

「マンネリを新鮮!」に替える、
ほんのひと手間

見て見て~。と思わず叫びたくなるくらいの、「可愛い子」が、私のバッグに(笑)。バッグはおなじみ、ルイ・ヴィトンのモノグラムスピーディ。絶対にコピーされないように、と考案されたモノグラムのマークと、そして、シンプルかつ大胆、実用的なサイズとデザイン。高校生の時から変わらず好きなものって、このバッグくらいかもしれません。

大人への階段を早足で上り始めたあの時期も、そして今、第二の思春期を目の前にする婦人世代も。どうして、変わらず私のハートをわし掴みにするのでしょうか。

ただし、着こなしや、そのバッグへの愛情や。目に映る風景も「マンネリ」(キャー、怖い言葉)になってしまいのも事実。見た目も、持った時の気分もリフレッシュさせるために、こんなダイナソー(恐竜)のチャームをつけてみました。

キャラクターにはあまり興味がなく、「チャーム」と言われるものにも全くノー興味の私には珍しい買い物。COACH表参道店で、目が合ってしまい、同行の川良には「大草さんに似ています」と言われてしまい。買わずにはおられなかった、ダイナソー。(カラーは私が持っている物とは別です)私のインスタグラムでアップしたら、ものすごい反響(笑)。

私のはMサイズ。ほかのSサイズ、Lサイズ、そして別カラーもありますが、詳しくは、オンラインストアをご覧くださいませ。あ、Lサイズは限られたショップでした取り扱いがないので、コーチ・カスタマーサービスまでお問い合わせを♥

こんなふうに、たった1つのダイナソーが、私の何年物のスピーディを、全く新しいバッグに。もし、ご自分の「BASIC BAG」に飽きてしまっていたら、例えばおちゃめなチャームを手に入れるのもアリかもしれません。

大草 直子

  • ふふふ♥電車で隣りに座った幼稚園児の女の子も凝視。そのうち、そろそろと触りだして(笑)。可愛かった~~~!
  • 表参道交差点で、なんだか素敵な女性が歩いてくるとおもったら、スタイリストの室井由美子ちゃん。彼女がミモレでご紹介して下さるものは、すぐに完売してしまいます。
 
CREDIT :

ニット/デザインワークス
デニム/エドウィンサムシング
サングラス/レイバン
バッグ/ルイ・ヴィトン
チャーム/コーチ
シューズ/ジャーナルスタンダード