From editors 「編集部からこんにちは」

2016.6.11

「No.1」と「Only one」が見つかる!【今週の人気記事】

こんにちは、編集・川端です。関東でも梅雨入り宣言が出された今週ですが、昨日は真夏のような日差しでしたね。(梅雨時生まれのわたくし、サクランボが出始めるこの時期がもっとも好きなんです)

さて、6月も早くも第2週。6月4日から10日までの人気記事を一挙お届けします!

もっとも読まれた記事は、編集長大草直子のToday’s Diary「私的人生NO.1の羽織りもの。ZARAとウィム・ガゼットで!」でした。

こちらの大草編集長のギンギラギンにさりげなくブルゾン、オンラインストアは瞬殺!でしたが、店頭にはまだ並んでいるところも。GETされた方はぜひご報告くださいね〜。

記事はこちら>>

はい、No.1が来たら、次はもちろんOnly one!
第2位は、「あなたにとって、『世界で1つだけ』の大切なこと何ですか?」でした。

「コーチ・ヴィンテージ」のコレクション、70年代に登場し爆発的に人気を博したディンキーとサドルのヴィンテージバッグをカスタマイズしたもの(詳しくはこちらの記事を)。わー!持ってたー!懐かしい♡という方も少なくないのではないでしょうか。

 

記事はこちら>>

第3位は、VOCE石井編集長のコラム「6週間で7キロ減! 大人のダイエットを成功させるには?」がランクイン!

石井編集長自らが山本未奈子さんの著書『35歳からの「もう太らない自分」の作り方』のメソッドに乗っ取ってダイエットにトライ!本当に本当に痩せてました。しかもとっても自然で美しく♡具体的なメソッド紹介はこれからなので、ぜひお見逃しなく!

記事はこちら>>

続いては、第1弾が大反響だった光野桃さんのインタビューの後編「光野桃さんが思う『おしゃれ更年期の処方箋』」がまた熱い反響を呼びました。

40代、50代と嵐の中をくぐり抜けてきた今、素直に自分のことを好きだと思えるようになったという光野さん。今「自分自身の矜持として、女であり続けるということを大事にしたい」という言葉が胸に沁みました。読まれた方それぞれに赤線を引きたくなるような(WEBだから線引けなくてザンネン……)そんな言葉が見つかるのではないでしょうか。

記事はこちら>>

今週のSNAPでもっとも人気が高かったのは、「新しいデニムで程よく甘く、がマイスタイル」でした!

ジル スチュアートやローズバッドといった少しガーリーなブランドのエッジの効いたアイテムを取り入れているのが、大人の遊びゴコロでとっても格好いいです♡

記事はこちら>>

そして続いては、発田美穂さんのコラム大人がきれいな色を着る、という特別で素敵なこと」がランクイン!

バタやんが注目したのは「若いときはちょっと気張ったスタイルで会社に行こうものなら、『今日はデートなんじゃない? 』とからかわれたりした」というくだり。からかわれない人もいますからねぇ。発田さん、きっと可愛くて予定も入ってそうな後輩だったんでしょうねぇ。お噂もいろいろあったのでせう、と勝手に妄想……。

記事はこちら>>

続いて人気を集めたのは、好評連載「ミモレが選んだBEST BUY@ELLE SHOP」「フェミニン派エディター 鈴木亜矢子がセレクト!トレンド続行中のデニム、何を選ぶ?」でした! 

着るものがシンプルになっていく夏は、ミニーズには厳しい季節(切実!)152㎝鈴木のアイテムを選ぶ視点はもちろん、小物合わせや着こなしかたもぜひご参考に☆

記事はこちら>> 

いかがでしたでしょうか。

今週もファッション業界は秋冬の展示会、ビューティ業界は秋の新色の発表会が目白押しでした。猛暑と言われている夏をこえて、今年の秋冬はどんなスタイルが流行するのかしら……。スピーディに、リアルにお届けしていきますね。

ではでは、みなさま、どうぞ良い週末を。また来週〜!