見学に行ったおうちのエントランスから入った廊下。とても素敵だったのですけれども。

去年の秋に引っ越したばかりなのですが、また引越しを考えて家探し中のわたくし。

フリーランスだと、日本でも保証人をどうするかなどが大変でしたが、パリで家を借りるのは、さらにもっと大変です……。

フランスは、2日以上だか住んだ人をその家から退去させられないという法律があるため不法滞在が後を絶たず。そして冬の間は “寒い時期に人を野外に放り出してはいけない”という博愛精神のため、家主は不法滞在している借り主に退去を求められないという、さっぱり理解ができない法律があったり。

そんなことから、家主は家を貸す相手にものすごい慎重。フランスの企業に務めていても、担保となる家賃2ヶ月分を前払いするのはもちろん、家賃の数倍を稼いでいるフランス人を保証人にたてないといけないとか、とにかく外国人にはハードルが高いのです。

そしてフリーランスだと、本人の収入証明でさえ、ままならない……。

そうなると借りることができるのは、日本人が大家の家や、問題が少ないから(そして綺麗に使ってくれる)と、日本人を優遇してくれる大家、またはその点を考慮してくれる(そのぶん手数料の高い)不動産屋のみ。当然、相場が高くなります

頼りになるのは、日本人向けのネット掲示板と、口コミ。そんな中、ネット掲示板でよさげなおうちがあったので、内見に行ってきました。

もうちょっと、横幅のある、できればもっと明るいリビングがいい(そして大家はAirbnbで家を貸していて、かなーりひっちらかっていたw)。

場所と条件(保証人を、フランス人以外で立ててもいいという)などを考えると、いいかも!と思いましたが、リビングルームが狭いのが嫌な私は、どうしてもそこが気になり。さらに、家具付きのおうちとしては、洗濯機が古いなあとか、リビングのダイニングテーブルが好きじゃないなあ、なんてところも気になり。最初に気になる部分は、絶対後々気になるはずと思って、もう少し探してみることにしました。

キッチンは広くていいのだけれど、IHなのは嫌とか、洗濯機が古めかしいのは……など、気に入らない点が色々あり。
ベッドルームは問題ないものの、「こんなに広くなくていいから、もっとリビングが広いほうがいい」←もはやいちゃもんレベル

 

焦らず、時間がかかってもベストな場所を探そうと心を決めたのですが……これも運がものを言うもの。良いところ、見つかるのかしらん。