ヘルシー志向の強いニューヨーカーは、ジムに通ってトレーニングをするのが大好きなようで、様々なタイプのスポーツクラブがあります。そのなかでも最近人気を集めているのがロッククライミング(ボルダリング)です。日本でもポピュラーなボルダリングは、私も5年くらい前に一度経験したことがあるものの、その翌日にひどい筋肉痛になったことくらいしか印象がありません(笑)

語学学校のクラスでも話題になって、「みんなで行ってみよう!」ということになり、久しぶりにチャレンジしてきました。

トップロープクライミング。2〜3階に相当する高さの壁をロープをつけて登ります。
ロープなしのエリア。今回はこちらにてチャレンジ!

平日夜のジム内は、仕事帰りと思われる人々で埋め尽くされていました。

トップロープクライミングという体にロープを巻き付けてクライミングを行うタイプは難易度が高そうなので、ロープの必要のないエリアにてスタート。地面には分厚いマットが敷きつめられており、最も高い壁でも5メートルもないので、特別な器具や資格などはいらずに、気軽に楽しむことができます。

必要なものは、クライミングシューズ(レンタル可)と滑り止めのチョーク。服装はみんなマチマチで、なかにはデニム姿でクライミングしている人もいました。

  • 友達は次々と難易度高いコースをクリア。

同行した仲間は20代男子たち。スイスイと難しいコースを登って行く若者パワーを目の当たりにし、「一緒にくるメンバーを間違えたかも‥(笑)」と思いつつも、ビギナーレベルのクライミングはクリアすることができました!ボルダリングは体を動かしながらも、次の足の向かう先を常に考えながら行うスポーツ。できないと悔しいし、1つクリアできると、さらなる難易度に挑戦したくなるので、気づいたら4時間も時間を費やしていたほど、夢中になりました。
筋トレにもなりそうなこのスポーツ。日本に帰ってもまたやってみたいと思っています。もちろん翌日はかなりの筋肉痛でしたが(笑)

やったー!超ビギナーをクリア
仲間と