新しい手帳を前にすると、なぜか胸が高鳴ります。

 

万年筆向けの上質な紙製品で知られる

ステーショナリーブランド「神戸派計画」のオリジナル手帳をいただきました。

 

私の大好きな水色の革カバーがついた手帳が

これまた大好きな茶色の箱に入ってました。

 

 

 

大きさはA4の半分サイズで使いやすいタイプ。

上質な革は、神戸のお店「革鞄工房ル・ボナー」に神戸派計画がオーダーしたもので、

手触りも色も素晴らしい。

中には、「グラフィーロ」という名の、

書き心地と開き心地が抜群に気持ちの良い手帳が入ってます。

 

 

お気に入り文具はすぐにでも使いたい。

 

さあ、いつ使い始めるか、、。

 

ちょうどタイミング良く、今日7月14日は、会社設立記念日、今年で2周年です。

 

使い始めるなら今日がいい。

 

さあ、では何を書くか。

 

すでに様々なテーマごとにあらゆるノートをつけているので、他がすぐに浮かばない。

 

今日という日が終わるまでに決めよう。

 

万年筆で綴るのにふさわしいテーマにしよう。

 

あー何について書くかを考えるだけでもワクワクする。

 

新しい手帳が私たちに与えるパワーってすごい。

 

まさに心のサプリ。

 

皆さんも、年始だけでなく、何かの記念日をきっかけに、テーマを決めて書き始めてみてはいかがですか?