2016 Jul. 14

蒸し暑い日の、
「ファリエロ」ぐるぐる巻き

昨日は蒸し暑かったですね。なんとなく気圧が重く低く、身体が重い! 仕事でお会いする人も、あいさつ代わりに「蒸しますね」。本格的な夏の準備を、天気もしています!

さて、そんな日の工夫。まず、身体を締め付けないシルエットは、以前もご紹介しました。もう1つ。「ファリエロ・サルティ」のように、広げたときに向こうが透けて見えるくらい薄手の、そして柔らかな素材感の、さらに大判のストールを活用すること。この美しい素材感があると、まず手触りで癒されます。私は、好きなアロマオイルをフリンジの先に1滴。(風合いや色が変わることがありますので、必ず端っこに)すると、まとったときに香りがふわっと立ち上り、気分が変わるのでおすすめです。

湿気と汗でべたついた素肌に、きんきんに冷えた地下鉄や室内の、クーラーの冷風はさらに冷たく感じられるので、そういうときは大きく肩から羽織ります。そこまで寒くないけれど、肩先や首を冷やしたくない、なんていうときは首元にぐるぐるっと巻いて、ストールの端も入れ込むように。のどから「風邪をひくので」その予防も兼ねて。

持ち運びも便利だし、毎日持ち歩いています!
今日は金曜日イブ(笑)。元気に張り切っていきましょう!

大草 直子
 

  • ノースリーブに合わせたアクセサリー。レザーはトゥモローランド、バングルはウィム・ガゼット青山店のセールで、ブレスレットはハムで。
  • 飲みかけ失礼します(笑)。最近毎日1杯、「超薄め」のカプチーノを頂いています。コーヒー少な目、ミルクたっぷりのこの色が好きなんだなあ(笑)。

CREDIT :

トップス/ラジャンス
パンツ/エドウィンサムシング
ストール/ファリエロ・サルティ
バッグ/ソニア・リキエル
シューズ/ポルセッリ