4
8/5 UP!

豊洲で子どもと転がりながら遊んでからのおしゃれバーベキュー!
大人も子どもも大満足な休日の過ごし方とは?〔PR〕

こんにちは。編集部・川良です。すっかり夏本番ですねー。実は夏になると悩みがありまして。私事で恐縮なんですが、現在、我が家の小3が夏休みに入っております。はい、小学生なんだから、夏に夏休みがあるのは当たり前です。でも、ファッション業界の秋冬のピーク、9〜10月に公開になる記事やコラボなどの準備が佳境を迎えるのが7〜8月なんですね。仕事は忙しい。でもたまには遊びに連れて行かないといけない、夏休みらしいこともさせてやらないと…。

大人も楽しめます=婦人は必死です(笑)。

元々体を動かすのが得意じゃない私なので、いつもの休日は、車でどこかに買い物に行ってご飯を食べて終了、ということが多いのですが、小3ともなると、体も大きくなり、体力も大人なみ。せっかくの夏休みだし、「思いっきり体を動かしたい」「思いっきり遊びたい」という子どもの気持ちに応えてあげたいな、ということで、先日一念発起して出かけました。
とはいっても、でかけたのは海でも山でもなく江東区豊洲。夏休み限定のアミューズメントパーク「あみゅ博」です。水の入った巨大な球体に入って坂を転がる「ハイドロボール」や全長100メートルのウォータースライダー「ハイドロスライダー」、命綱1本で地上20メートルから飛び降りる「ブレイブジャンプ」、全長100メートルにわたって滑空できる「ジップライン」などなど、子どもだけでなく大人も楽しめるスリル満点な遊び場なのです。
 ただ「大人も楽しめる」とは裏を返すと「婦人は必死」を意味するんですよね。私、ちゃんと一緒に遊べるのかな…。子どもに気づかれないように、でも実は本気で不安でした(笑)。

子どもと思い切り外で遊ぶ日は、たいていオールインワンです。着崩れてあらぬ姿を世間に晒すことなく安心して遊べます(笑)。娘はカメラを向けると、お願いしてないのにいろんなポーズで応えてくれます。母とは全然違います…。
気温が低かったこともあってこの日主に遊んだのは「ウォーターバウンダー」という濡れないアトラクション。「大丈夫です、濡れませんから」というお兄さんの声に安心して、子どもたちとともに巨大風船の中へ。
中に入った途端、子どもたちは夢中になってボールの中を歩いて、ボールを転がそうとします。まさにハムスター状態。容赦なく前へ前へきゃあきゃあ言いながら、回します。
一緒に行ってくれた友人のかおりさんも、ボールの中で転がっていました。私も、転がるボールの動きについていけず、なす術もなく転び続け、最後は子どもの上に落ちて「重い!痛い!」と言われる始末(笑)。いい歳してこんなに転ばされるとは…。でもその必死な自分が途中から面白くなってきちゃったりして。最終的には子どもに負けずにきゃあきゃあ遊んでました。


ワイルドマジックでプレミアムバーベキュー♡

たくさん遊んだあとは、大人も子どももお腹が空きます。子どもに合わせて慣れないことをした後は、ちょっと自分を甘やかしたい。ということで、「あみゅ博」から徒歩5分くらいのところにある「ワイルドマジック」へ。
プレミアムバーベキューを楽しむことにしました。

豊洲のワイルドマジック内にあるバーベキュー施設「THE THIRD PARK」へ。着いたら汗だくのオールインワンは脱いで、浮かれたワンピースに着替えます。これでかなり気分が変わります。
鶏もなんと丸鶏で登場。クリスマスでもないのに、キミに出合うなんて。と思いながら、お腹に指を入れて、手で小骨をぼきぼき折り下処理をしていきます。ワイルド。見つめる子どもたちの目はドン引き(笑)。慣れないことばかりの1日です…。
プレミアムバーベキューは普通の焼き肉ではありません。牛、豚、鶏と分厚い肉を次々と焼いていきます。火のそばは暑いので、オールフリーを飲みながら。午前中のアクティビティを無事に終えて少しホッとしてプシュっと開ける瞬間の幸せ感。たまりません。アルコールフリーなのでお茶のようにゴクゴクと飲んでも心配なし。
焼けたそばから、子ども用に切り分けてくれる友人のえのちん。お腹が空きすぎて、まな板に直接手を伸ばす子どもたち。ちょっと待って〜(汗)。
やっぱりバーベキューにはお茶じゃなくてビールテイストがいいですね〜。都会のど真ん中にいることを忘れるくらい開放感を感じて、肉を焼きながら、オールフリーを飲みながら、仕事や子育ての話で盛り上がりました。
並んで焼きトウモロコシにかぶりつく女子3人。
ケイジャンベースのオリジナルシーズニングソースに漬けたチキンとオールフリーが合う~!喉ごしがよくてついついたくさん飲んでしまいますが、酔って子どもに目が届かなくなる、なんてことがないのが素晴らしい!
車を横付けできるこちらのバーベキューサイト。荷物の出し入れもらくちんでよかったです。帰る直前まで、大人はおしゃべり、子どもは遊びまくっていられる幸せ。朝からずっと遊んでいたせいか、帰りの車に乗った途端、子どもはぐっすり寝てしまいました。

開放的な空間のなかで、思う存分食べたり飲んだりすると、ちょっとした旅行に行ってきたようなリフレッシュ感がありました。思い切り子どもと遊びたい日にオールフリーってすごく良いですね。ビール好きの私も大満足!!でした。大草編集長も前回言っていたとおり、「大人の都合ではない子どもの時間を過ごしたい」と思う気持ちに寄り添ってくれる飲み物だなと再確認!

さて、まだまだ夏休みは続きます。アウトドアも運動も本当は得意じゃないけれど、婦人の体力には限界があるけれど(笑)、慣れないこともたくさんして、子どもの夏の思い出をたくさん作ってあげたいと心に誓った1日でした。

構成・文/川良咲子

提供/サントリービール