水井真理子のビューティ・マルシェ

2015.2.26

免疫力UPで春のカラダへ

みなさん、こんにちは。
ここの所の気温差で、うっかり風邪をひいてしまいました。
みなさんは大丈夫ですか?

もうそこまで春が来ているかと思えば、突然寒くなったり、分かってはいたものの、「カラダがついていかない…」という現実を受け止めるしかありませんでした~。もちろん、年齢だけではありません。季節の変わり目はカラダや肌、自律神経、ホルモンバラスも敏感になりやすいものです。

今では、花粉や黄砂、PM2.5など、さまざまな影響もあるので、皆さんもこの季節はいつもより労わってあげることが大切です。

特に、昨年忙しくされていた方や60代以降のご両親がいらっしゃる方は、気にかけてあげてくださいね。
この時期は疲れがでやすいので体調を崩しがちなんですよね。

電話だけも、娘の一言は良薬は❤になりますから。

青山フラワーマーケットで見つけた春のお花 球根のまま飾れるので、一週間ほど楽しめます。


昔から「冷え性は万病の元」といわれているように、冷えは女性にとって最大の敵!免疫力をあげるためにも温めることが大切と言われています。
本当は運動して、筋肉代謝を上げたい所ですがそこまでいかない私は、やっぱりお風呂が一番。

この時期は、カラダの巡りを考えると、入浴剤を入れて40℃位の温度で20分つかるようにしています。さら湯より入浴剤をいれることで、よりカラダも温まりますし、疲れがとれるので、自分の目的に合わせて色々と使い分けるのも楽しみの一つです。

炭酸系、リラクゼーション、湯の花まで楽しみを増やしています。

お風呂につかるだけで自律神経を整えて睡眠の質まであげてくれますよ。

そして、もう一つおすすめなのが、よもぎ温座パット。韓国のよもぎ蒸しって聞いたことはありますか?よもぎと数十種類の韓方が炊かれた壷を穴の空いたイスの中に置き、蒸気で下半身を温めるものですが古くから伝わる民間療法で、子宮を温めて血流改善を促すため、婦人病や不妊といった悩みに良いといわれている韓国のエステなんです。

いつもバックの中に3点セット


これは、その発想を取り入れた携帯版のようなもので、2~3時間じんわり温かいのでカラダまでポカポカしてきます。初めはいつするの?と思っていたのですが冬はもちろん、夏に冷房が強いオフィスなどでも女性の味方になってくれますよ。

温めることでも免疫力UPにつながります。

そろそろ冬のカラダを脱ぎ捨てて、春の準備をしていきたいですね。

今週も楽しんでいきましょうね。