2016.8.10

さっくり南仏プロヴァンス巡り。

ラヴェンダー畑で有名なSenanaque教会も行きました。

ごはん的には厳しい〜と思った南フランスですが、せっかく来たからには見所は押さえておきたいもの。

実は社会人になる前に、Hyeresという街に2ヶ月ほどホームステイをしていたため、その際ニースからモナコまでの海岸線エリアにある街はだいたい行ったのですが、スペインに近い側は今回が初めて。

そういえば、いつも仕事でお世話になっているCHICO SHIGETAさんがちょうどプロヴァンスに行かれてたな……と思い、おすすめ場所をお伺いしてみると

「プロヴァンスはどこをドライブしても可愛いですが、GordesBonnieuxはとってもフォトジェニック。他にアルルSt Remy de Provenceなどは観光地ですが、やっぱり美しいです」とのお返事をいただき。

じゃあもう早速、お教えの通りに行っちゃいます!

Bonnieuxへの途中で、ひまわり畑を見たり。
崖の上の街、Gordes。

その晩はアルル宿泊。

翌日はゴッホの跳ね橋を見に行って

“アルルの跳ね橋”の実在モデルではないそうですが、雰囲気がわかってよかったです。

St Remy de Provenceのマルシェを冷やかし。

大量ニンニクがあちこちで売られていてビックリ。
ひよこ豆ってこんな植物なんだ!というのを初めて知りました。
そしてマルシェ近くのレストランで食べた牡蠣。超絶クリーミィで驚きの美味しさ!

その後はせくせくと車を走らせ、国境へ。

もしもし万が一なんだかセキュリティチェックとか導入されてたりして、スペイン行っちゃダメと言われたらどうしよう、、、、と、ちょっとドキドキしましたが、

“スペイン”(極小)

という表示が頭上にあっただけで、あとは

なーんにもありませんでした。

去年バスクに行ったときより、もっと何もない……(去年は一応、料金所のようなゲートみたいのが一応ありました。別に止められたりはしないのですが)。

あの飛行場でのやり取りはなんだったんだろうか……もう、運が悪かったとしかいいようがなさそう。

フランス人論理としては、“持っていなくてはいけないものを持ってないこちらが悪い”のです。はーい、すみませんでしたっ。

気を取り直して、いざスペインです〜!