岡野瑞恵 「キレイ手帖」

2015.2.26

乾かない女になるためにしたい4つのこと!

モデルさんや女優さん、友人から、肌の悩みでいちばん相談されるのが「乾燥」です。先日、セルフメンテナンスで集中ケアを紹介しましたが、今回は、日頃から実践していると格段に肌が変わる乾燥ケアを紹介します。

洗顔は1日1回!
朝は拭き取り化粧水で肌の汚れと老廃物を取り除き、その後、保湿できるスキンケアを。洗顔料を使うのはもちろん、お湯での洗顔は朝はお休み!

パウダーを極力使わない
リキッドやクリームタイプのファンデーションも時間が経つと肌に定着しますので、あえてパウダーは割愛(というわけで、パウダリーファンデ派の方はパウダリーファンデもお休み!)。もし、どうしてもテカりが気になるなら、Tゾーンのみに。皮脂だけでなく、肌のうるおいをも吸収してしまいがちなパウダーで顔全体を覆うことが乾燥をまねいてしまうこともあるのです。

保湿アイテムをこまめに
特に乾燥する目周りや唇はこまめに保湿しましょう! 目元や口元の両方に使えるアイテムを選んだり、プチプラなリップクリームやワセリンがオススメです。肌にワセリンをつける時には手を清潔にしてからハンドクリームをつけるように、手の平や手の甲全体になじませてから、指先の腹を使って、目尻など乾燥する場所に優しく塗布しましょう。

左は、乾燥した手、足、お肌全体など、どこにでも使えるノルディックワセリン。右は唇の乾燥を一気に解消できるNWリップバーム。汎用性の高さはもちろん、パッケージも可愛い! 500円程度で購入でき、コスパも最高♡
アユーラの「ウェルバランス ミッドナイトチャージリップ」は唇&口元用の美容液。大好きすぎて、ただ今4代目!

寒さに強いカラダづくりを
暖房が効いた部屋は肌の乾燥する原因の1つです。加湿器はもちろんですが、日頃から身体を動かし、代謝を上げ血行を促進。食事も添加物など身体を冷やすものは避けましょう。乾燥は肌表面からのケアだけでなく、内側からも改善できるんですよ♪

「えっ!」と思われるテクニックかもしれませんが、だまされたと思って(!?)実践してみてください。