フリーエディター有田麻奈美 「日々丸かじり」

2016.8.13

熱海の夏、ごろごろ花火を眺めながら……

あっちゃこっちゃ出かけて、あれやこれやと食べてばかりに見えますが、ここ数か月はへこたれそうになりながら、いつも以上に仕事をがんばってみた有田です。さて、夜の打ち合わせがリスケになったある日、思い立って『熱海海上花火大会』へ行って参りました。もちろん当日なので宿はどこも満室、きっと道路だって大渋滞だろうけど、花火をちらっとでも観ることができたら気分転換になるかなと思って……。

熱海の夜景。波音を聞きながら、花火大会開始時刻ぎりぎりまで、ポケモンGOしてました。海なので“海系モンスター”が大量に出没w

打ち上げ予定時刻は20:20。約30分間、合計3000発の花火があがります。東京湾とか隅田川の花火大会に比べたら、かなりこじんまりですが、打ち上げ場が近くて迫力満点ですし、3面を山に囲まれている熱海の花火は反響効果もダイナミックで昔から大好き(ここ10年以上、行ってなかったけどw)。

熱海サンビーチをナビに入れたら到着予定時刻は20:00。いい感じです♥ 軽い自然渋滞はありましたが予定通り到着。海岸沿いのコインパーキングに車をとめて砂浜へ向かいます。無料観覧場所であるサンビーチでは、すでに多くの人がベスポジをキープしていましたが、まだまだ余裕があり、団欒ムード。私も親水公園ぎりっぎり前まで進み、見晴らしのいい素敵なポジションをキープできました。

(30年前、最初に連れてきてくれたあの人は、いまは何やっているんだろう)
(女子グループで来た時は、旅館で飲んだくれて花火はパスしちゃったっけ)
(もう飲めないけど、あのBARのマスターがつくるお酒、おいしかった……)
(あのコと来た時は、途中で大喧嘩して最悪だったなぁ)
(今度はいつ、この花火を観ることができるかしら……)

次々と打ちあがる花火。フィナーレの大空中ナイアガラにて号泣ですわw


砂浜にごろんと横になりながら、目の前で次々とあがる花火があまりにもきれいで涙は出ちゃうし、ずっと忘れていたあれこれを思い出してしんみりしちゃうし……でも、それってきっと疲れて、おなかが空いていたからよ! と思い、熱海で軽くご飯を食べながら、「一休.com」を再検索! 運よく伊豆山の宿が取れたので温泉に入り、ひと晩ぐっすり眠ったら、元気のフルチャージが完了しました。
 

保養所だらけの伊豆山にある宿にて。ちょっと贅沢でしたが、のんびりできました。

年齢を重ねて女性ホルモンが残り少なくなると、更年期鬱っぽい気持ちの落ち込みも増えるそう。よく同年代の友達とは「最近、涙もろくなっちゃって、困るわー」なんて言い合っていますが、気持ちの浮き沈みに振り回されすぎず、でも頑張りすぎず(やる時はやらないとだけど)、スローダウンすべきところはしなきゃと思っています。

ジャグジー付きの部屋でした。本を読みながら、朝のバスタイム。翌日もいい天気でした。

さて、ぬか床が心配で心配でたまらないし、仕事もあるので、朝食を食べたらソッコーで都内に戻ることに。次回はぶっつけ本番じゃなく、きちんと宿を予約して再訪したい。そんな「熱海海上花火大会」の今後の予定はこちらです!

夏:20:20~20:50  8/18(木)・8/21(日)・8/26(金)
秋:20:20~20:45  9/19(月祝)
冬:20:20~20:45  12/4(日)・12/11(日)・12/18(日)

※熱海温泉旅館組合に加盟する旅館やホテルでは、宿泊者専用観覧席の用意があるそう。冬の花火も素敵な予感。詳しくはHPをご覧ください。
http://www.atamispa.com/event/hanabi/