NEW!
2015.3.5 | 全4回

福井のアンテナショップVol.3

清原亜希さんの故郷「福井」。東京にあるアンテナショップに訪れてみました!

生まれ育った故郷、福井。食べ物にも懐かしい思い出がたくさんあります!"

「3.作ってみました」

「早速今週は福井の宝でクッキング!」

と言うとかなり大げさです。笑
が…私にはそうなので…すみません。笑

早速1番に作ったのは竹田のあげを甘くどく煮ました。
[甘くどく]と言うのは味が甘くて濃いって事です。
この油揚げだけは大きくダイナミックに煮ます。
お酒とみりん、お砂糖普通よりちょい多め、お醤油です。
竹田のあげの優しい油と調和して煮ても何故か
あげの表面がサクッと感じる食感もおすすめ!
是非お試しあれ…です。

次は白菜ナムル昆布のせ。
白菜を茹でてしっかり水を切り、胡麻油と塩、ゴマで味付け…
その上にわさび昆布をのせて完成。
大人の味です。笑

油揚げとこのナムルを入れている器も
この福井アンテナショップで購入しました。
器も食材も全て故郷産!!
やっぱり幸せです。

そして小鯛のささ漬。
これは炊きたてのご飯のお供には無敵なんですが、  
たまに酢飯にしてお寿司風にもします。

お餅はすみません焼くだけです。
薄い塩味とお米の味が絶妙。
我が家はトランプしながらのおやつにしました。
ほっとします。

えがわのみずようかんは和風なのですが、
何故か熱々の濃い珈琲と相性バツグン。
つめた~いようかんと、熱々の珈琲!
これまた福井の味です。

と言う事で今回もやはり作った感が
あまり感じられないお料理ばかりでした。笑

けれど故郷を離れ故郷を感じる日を私は
もっともっと日常にしたいと心がけています。

私を大きくしてくれた故郷。

皆さんの故郷の想い出もいつか聞いてみたいです。
来週は私の小さな時の想い出を少しお話しますね…

そうだ、ご飯をつくろう!清原亜希
本文・スタイリング/清原亜希
構成/昼田祥子