大分滞在四日目は、去年に続き豊後高田市の「昭和の町」を訪れた後(息子がクラシックカーを見たがったので)、国東市の伊美港から車ごとフェリーに乗り、姫島を目指しました。

大分県で生まれ育った夫も、姫島には行ったことがなかったそうです。私たちが訪れた直後の8月14、15日に行われる、キツネ踊りなど独特の盆踊りが有名で、たくさんの観光客でにぎわうとか。

姫島へ向かうフェリーにて。

フェリーを下りて真っ先に向かった海水浴場は、水も砂浜も、とにかくきれい!山の日で休日でしたが、ご覧の通り、空いています。穏やかで遠浅なので、最近、海に慣れさせている4歳の息子にも最適でした。

ゴミ一つ落ちていない、クリーンなビーチ。

私も水着に着替えて久しぶりに海に入りましたが、やはり日差しが強烈!この日は(ブログでもご紹介した)スプレータイプの日焼け止めを持ってくるのを忘れ…ローカルらしき女性たちは、フード付きラッシュガードやレギンスなどで、ガードしていました。次回は、サーフハットもあれば良いと思いました。

姫島の灯台。

昨年に続き、帰省先である大分の魅力の一部をご紹介してまいりましたが、観光資源も豊富な所なので、県外の皆様は是非いらして下さい!