2016.8.31

パワースポット、モンセラットへ。

子供もキャンドルを灯していました。

またまた間があいてしまいました……実はお引越しだったり、仕事の〆切などがありまして、パリに戻ってすぐバタバタしておりました。

それだというのにまだ、旅行話の続きというのもなんですが……あともう少しなので、さっくりと。

シッチェスでのんびりを満喫したあとは、旅はラストスパートとなりまして、北スペインを横断することに。とはいえ1日ではキツいので、途中サラゴサという町を中継地点にすることにしたのですが、その前に立ち寄ったのが、モンセラット

モンセラットはバルセロナ近郊にある山で「のこぎり山と呼ばれる奇岩群が素晴らしい」とのネット情報を見つけ、うーんまあ、一応行ってみる……?と訪れたのですが。

日光のいろは坂を思わせる?山道をグングン登って行った先にあったのは、思った以上の絶景

思わず「わーすごーい」と声を出してしまったほど。高い!

まずはケーブルカーに乗って、山頂に登ってみる。

すごい急勾配!

カフェテリアでお昼を食べたあとは(お味は、こんな場所にしてはまあ、いいかというレベル)、モンセラット修道院へ。

このパティオがパワースポットとして知られているそうで、ここで瞑想すると不思議な力が宿るらしい。しかし前情報を入れてなかった私には、何も宿りませんでした。
こんな山の上に、こんな修道院を創るってすごい。

中には黒いマリア像があり、それに触れると願い事が叶うとかなんちゃらなのですが、当然ながら長い行列ができており、そんなのに並ぶのも……とスキップしちゃいました。

特に何も期待しないで行ったけれど、思わぬ自然の迫力にびっくり。人々がおすすめと言っているだけのことはある場所でした。

 

ちなみに、ガウディはこのモンセラットの山からインスピレーションを受けて、サグラダファミリアを創ったそうで。行ってみると確かに、なんだか印象が似ているような気がしました。