mi-mollet NEWS FLASH Lifestyle

2016.9.5

都心で贅沢デイタイムグランピング!
みなとみらいでラグジュアリーな雰囲気に浸る!

まだまだ暑さが続いていますが、少しずつ風に秋の気配を感じるようになってきました。

最近、グラマラス(Glamorous)なキャンピング(Camping)として注目を集めているグランピング(Glamping)。心地よい空間にソファやテーブルセットなどの設備が揃い、手ぶらでちょっと贅沢なキャンプ体験が楽しめるとあって、普段はインドア派の人たちの興味をぐっと惹きつけています。

これらは海や山などのリゾートエリアにあるのが一般的ですが、「グランドオリエンタルみなとみらい」1Fにある『PICNIC』では、横浜・みなとみらいという都心に居ながらにしてグランピングを楽しむことができます。

横浜・みなとみらいのこんな絶景でグランピング!

実はここ、4つの披露宴会場にカフェレストラン、大型チャペルを併設した複合型施設なのですが、「非日常感あふれる贅沢な空間を生かして平日限定でデイタイムグランピングを楽しもう!」 というアイデアを実現。5月のオープン以来、じわじわとファンを増やしています。

ラウンジに到着したら、まずはサンドイッチとデザート、ドリンクのオーダーから。本格的な世界のサンドイッチと、メイソンジャーにデコレートされたデザートが各5種類以上揃っているので、その中からそれぞれ1つずつチョイス。サンドイッチはスモークサーモンとレモン風味のクリームチーズを挟んだ、モチモチ食感のホームメイドベーグル、自家製鶏レバーパテと甘酢漬け野菜を挟んだベトナムサンドイッチのバインミーなどが勢ぞろい。スイーツもティラミス、ニューヨークチーズケーキ、白ワインゼリーなど、どれも目移りしてしまいそう!

バリエーション豊かなサンドイッチとスイーツからお好きな物を選んで

料理が決まったらグランピングの場所探し。施設内にはみなとみらいの絶景を一望できる開放的なルーフトップテラス、大観覧車を臨むテラス席、ホテルライクな水辺のテラス席など5か所の空間があり、気に入った場所を選ぶことができます。レストランと違って、開放的で多彩な空間を自由に選ぶことができ、しかも好きな時に移動してもいいのが魅力!

場所が決まれば、サンドイッチやスイーツを受け取り、前菜ビュッフェとともにバスケットに詰めて、いよいよグランピング開始! バスケットからサンドイッチやドリンクを取り出して広げ、思い思いの時間を過ごすことができるのです。

こちらがバスケットに入っているグランピングセット

「一番人気はルーフトップテラスですが、近所のパブリックパークの芝生もご利用いただけます。暑くなったら日陰のある水辺のテラス席に移ったりすることもできますよ」(広報の大野花奈さん)

リゾートホテルのような空間でくつろいでもよし

気分や天気に合わせて、バスケット片手に気ままに移動できるのは「PICNIC」のグランピングならでは。夏真っ盛りの8月が過ぎ、適度に風が吹き抜ける今こそグランピングのハイシーズンかも? 平日のアーバンリゾートを堪能してみては?

PICNIC
神奈川県横浜市中区新港2-3-2 グランドオリエンタルみなとみらい1F
tel. 045-227-1225
11:00 〜 16:00(Last Check-in 14:00)、月、土、日、祝日休

料金:
【グランピングセット】¥3500(税込、前菜ビュッフェ、スープ、サンドイッチ、デザート、食後の飲みもの付)
【キッズセット】¥1300(税込、子ども用サンドイッチ、スープ、デザート、オレンジジュース付)
※フードメニューは季節によって変更予定

PROFILE

吉川明子/出版社、編集プロダクションなどを経てフリーへ。週刊誌、雑誌、Webサイトなどで執筆、編集を行う。旅と食べることと本が好き。人生の3分の2は減量のことを考えてきた。