2
10/28 UP!

【齋藤薫氏・特別寄稿】「今やらずにいつやるの?」という肌の正念場を考える[PR]

今、40代は確かに信じられないほど若く美しい。まさに女の歴史が塗り変えられるほど、40代の若さ美しさは革命的。でもそこに、ある種の落とし穴があることも知っておいてほしいのだ。つまり、見た目が20代のように若いと、自分には衰えなどやってこないのではないかと、うっかり錯覚しがち。でもいくら若く見えたとしても、40代の肌のしくみはやはり40代。今の40代をいきなり若返らせたのは、どちらかと言えば“意識革命”であり、若く見せるテクニック。だからこそ肌の構造にまで、革命が起きたわけではないことを、時々思い出したいのだ。

 ましてや今の40代は、もうこの先も「歳をとるつもりがない」はずで、とすれば今までの比ではない高次元のエイジングケア(※1)を必要とする。もちろん誰もがすでにエイジングケアをしている時代。でも40代は本当に出合うべきお手入れに出合っているのだろうか?“40代にはまだ早いエイジングケア”なんてあるのだろうか?

 そう、そこがきわめて曖昧な40代。一説に45歳からが“本格エイジングケアの始めどき”という言い方がある一方、“エイジングケアは35歳でひとつ上に切り替えるべき”という言い方もある。さらには50代60代からの……と言い切るエイジングケアも生まれていて、まさに渾沌。40代はいちばん戸惑う年代なのだ。

 ただいずれにしても、本格的なエイジングケアで確かな一手を打つべき時なのは確か。少なくとも40代は、肌にいちばん個人差が生まれる時、言いかえれば生涯でいちばん肌の変化が大きい時でもある。自分の場合を振り返ってみても、肌が最も激しく変化したのは40代。50代でいわゆる更年期を過ぎると逆に、肌は安定してきたが、40代は女性ホルモンの分泌がハッキリ低下してきて、ホルモンバランスが大きく変動する時だから言わば、肌運命がぐらぐら動く、肌の正念場。まさに最大の“分かれ道”なわけで、「今やらずにいつやるの?」という言い方も。そういう意味でも40代にとって“早すぎること”なんてないのである。

 

 たとえばだけれど、誰もが知っている“ドモホルンリンクル”のような、究極のエイジングケアは、「いつかは使いたい」と思いながら「今はまだ早い」と思ってしまいがち。でも、先ごろ中身を大きくリニューアルしたドモホルンリンクルは、まさに分かれ道にある肌の正念場にこそ始めるべきアプローチとなっているのだ。なぜなら、肌を“下り坂にある車”にたとえ、ブレーキを強めると同時にアクセルを弱めるという両方を同時に行わないと、車は勝手に坂を降りていってしまうという、非常にわかりやすい働きかけを行うからなのだ。それこそ40代は、下り坂の上にいる車。ずるずると下りていってしまうのか、そこに確実に留まり、再び坂を上がろうという勢いを持つのか、そういう正念場にあることを知ってほしいのだ。

 ともかく見た目の若さに関わらず、本気のエイジングケアを始めるとき。逆にこの年代こそ、早く手を打った人が、本当の意味で驚くべき若さを宿すはずなのだ。

毎日美肌を手づくりしつつ、未来の若さを築いていく

 

まず驚いたのは、独自のお手入れ方法。“基本4点”は、使用順も使い方もユニークで、最初に使う保湿液は、化粧水としてはトロみが濃密すぎるほど。でもこれを一度なじませたあと、再度軽くたたきこむと、どんどんムチムチしたハリが生まれて、その場でもち肌ができあがる。ここに美白(※2)美容液(美活肌エキス)と大黒柱的な存在のクリーム20を重ね、最後に保護乳液のヴェールを纏って閉じこめるというスタイル。まさに毎日毎日、その場で美肌を手づくりしながら、未来の若さを築きあげていく、他にはない効率のよさに、一度試すと見事にハマってしまうのだ。


※1:エイジングケア=年齢に応じたお手入れ
※2:美白とは、メラニンの生成を抑え、シミ・ソバカスを防ぐことです。

PROFILE 齋藤薫/さいとうかおる
美容ジャーナリストの先駆者的存在。製品の特徴を的確にとらえた美容記事から、生活や精神のあり方まで含めた、まったく新しい美容論で多くの女性を魅了。商品開発のアドバイザーや講演会、広告など多方面で活躍中。

イラスト/TOMMY

 

〜ヘア&メイク岡野瑞恵さんと考える!〜
キレイを磨く!ドモホルンリンクル美肌教室


なんだか最近肌が冴えなくなったと嘆いている方にぜひ参加していただきたいこちらのイベント。ミモレ人気連載『キレイ手帖』の筆者であるヘア&メイクアップアーティスト岡野瑞恵さんによるビューティトークのほか、ドモホルンリンクル全8製品を使ったスキンケアレッスン、プレゼントコーナーなど、内容盛りだくさん。記事で紹介された「美肌の手づくり」を実際に体験できる、またとないチャンス! 参加者にはお土産も。

日時:2016年11月30日(水曜日) 19時〜21時(18時30分開場)
場所:東京都港区 
※ 詳細は当選者にのみ連絡させていただきます。

応募締め切り:
~11月14日(月曜日)11:59
※応募多数の場合は抽選とし、詳細のお知らせをもって当選とさせていただきます。
※交通費など、現金の付与はございません。
※当日の様子はmi-molletのサイトやSNSに掲載させていただくことがございます。

※ご応募はページ下部の応募ボタンよりお願い致します。
(こちらの募集は終了させていただきました。たくさんのご応募、ありがとうございました)

 

ドモホルンリンクル公式サイトはこちら>>>

提供/再春館製薬所
tel. 0120-444-444 午前8時~午後10時 年中無休