ご存知のように、先週土曜日夜にマンハッタン市内で爆破事件が起きました。容疑者の身柄は既に拘束されたようですが、身近で起きたこの事件に、いつどこで何が起こるか分からない世の中であることを再認識しています。今回、死者が出なかったのが不幸中の幸いですが、このような悲しい事件が続かないことを心から祈るのみです。

さて、そんな事件が起こる少し前のことになりますが、今回の爆破事件が起きたエリアとそれほど遠くない場所で行われた、”SAKE EXPO”なるものに、先日参加してきました。

日本酒の種類の多さに驚愕!

現在お世話になっているインターンシップの関係でお邪魔させて頂いたこのイベントは、日本酒や和食のプロモーションとして毎年行われており、蔵元や日本の食品会社がニューヨークのレストラン関係者などに新商品をプレゼンする場のようです。

当日の場内は、溢れんばかりの人・人・人!ニューヨークでは変わらずの和食+日本酒ブームが続いていることを証明するかのような賑わいでした。実際、街中の和食店はもちろんですが、キュイジーヌ系のお店では、ワインと並んで日本酒の種類を豊富に揃えているところを多く見かけます。ニューヨーカーのヘルシー志向や、また和食がユネスコ無形文化遺産に登録されたことも日本酒ブームを牽引しているとか。

また、出展者の方に伺ったところ、こちらでは味はもちろんですが、ボトルの美しさも重要なのだそうです。そのせいか透明感あるカラフルかつインパクトのあるボトルも数々見受けられました。

お酒は大好きなものの、日本酒についてはほぼ無知なわたし。日本人として少しはウンチクを語れるようになりたいものです!

“SAKE MAN”というネーミングの日本酒PRグループ。会場ではひと際目立っていました!