ミモレセレクトショップ

2016.12.1

【動画】もう、コーディネートに悩まない!
大草編集長が考える、時短アイテムとは?

ベルメゾンの『StyleNote(スタイルノート)』では大草編集長が選んだ”朝のスタイリングが10分短縮できる”時短アイテム8つご紹介していますが、ミモレではより詳しい解説を動画でお届けします。さらに、ミモレスタッフ4名の個人的時短アイテムも公開。時間のない朝の味方は多ければ多いほど心強いですよね!

大草編集長が動画で解説!
コーディネート時間が短縮できるアイテム選びのコツ

 
 

ミモレスタッフの”マイ時短アイテム”をご紹介!

大草編集長は「靴を選ばないワンピース」

 

「最近の時短アイテムはジャージ素材のフレアワンピース。一枚着るだけで様になるのはもちろん、ミモレ丈なのでどんな靴とも合い、スタイリングに時間がかかりません。シワになりにくいのも時短ポイント。生地がとても優しいので着心地がよく、焦った気持ち(笑)をやわらげてくれます。忙しい朝の救世主的ワンピースです♪」(大草)

ライター金光は「ボトムを選ばないライダースとツヤあり小物」

 

「このビューティフルピープルのライダースは、ワイドパンツ、スキニーパンツ、ペンシルスカート、ワンピースなど、どんなボトムともバランスを取ってくれるので、スタイリングに時間をかけられない日の定番アウターです。(パンクでロックな)迫力が出すぎないよう、なるべく女性らしい小物を追加するようにしています。例えば、ツヤ感のある大判スカーフや花モチーフのイヤリングなど。”お決まり”のパターンをいくつか用意して、寝坊した朝に備えています(笑)」(金光)

編集・大森は「眉が隠れるサングラスと粗をめくらます赤リップ」

 

「眉毛が隠れるほどのフェイスのサングラスをかけ、赤リップを塗る……それだけで、あら、なんということでしょう、メイクをしたみたい(苦笑)! 抜け感メイクが一世を風靡してくれたおかげで、“わざとそうしている”感まで演出できるではありませんか!――不惑もすぎてなんとも乱暴な話ではありますが(サングラスをセルフレームの眼鏡に変えたりもしながら)、なんとか、これでやりこなしてきました。そして、髪がどうにもならない日は太めのターバンで、髪をとにかく入れ込んでしまう、という荒技も持っていることを最後に付け加えておきましょう」(大森)


編集・川端は「髪型をごまかすニット帽とべっこうメガネ」

 

「私の場合、コーディネートがキマっているかキマっていないか以前の、外出できるかできないかは“髪型が7割”。マメなカットと手入れをしたショートヘアあっての清潔感とおしゃれ感と思っています。髪がダメだとどんな服を着てもキマらない! 髪が伸びてきたり、どうにもまとまらない日は、休日なら帽子ですっぽり隠してしまい、仕事日ならフレームのはっきりしたメガネで視線を髪からハズせば、とりあえず外出できます!」(川端)

動画で紹介しているアイテムはこちら

スタイルノート

ボタン使いウールボーダーニットプルオーバー

¥7900(税別)

ボーダーのコントラストが顔を華やかにみせてくれるので、メイク時間を減らしてくれる時短アイテム。ハイゲージなので1枚でも、インナーとしても着られます。

ボーダーニットの着こなしはコチラ

ジョンスコット

チェックストール

¥18000(税別)

赤チェックのストールは、黒やブラウン、ネイビー、グレー、白、カーキなど、冬のカラーとの相性抜群。スタイリングに「何か足りないな」というときに合わせれば、強さと華やかさを加えてくれます。

チェックストールの着こなしはコチラ

スタイルノート

メタルボタン使いミラノリブプルオーバー

¥8900(税別)

セットで着れば素材も色も「パーフェクトマッチ」し、ワンピースとはまた違う、こなれたおしゃれ感をもたらします。サイドの金ボタンがアクセントのプルオーバーニットと下半身がきれいに見えるよう計算されたミモレ丈パンツは、着回し力の高さも魅力。



ミラノリブワイドクロップドパンツ

¥8900(税別)

ミラノリブセットアップの着こなしはコチラ

※リンク先は千趣会が運営するオンラインストア「ベルメゾンネット」になります。決済、商品の在庫等のご質問はベルメゾンネットへお問い合わせください。

【動画】大草直子の「“使える”ワードローブの作り方」徹底レクチャー!はコチラ>>
【動画】大草直子が今年買うべきコートを指南!
あなたにピッタリのベストコートはどれ?はコチラ>>

協力/ベルメゾン

撮影/目黒智子(人物)、坂根綾子(静物) ヘア&メイク/小澤実和 
スタイリング/大草直子 取材・文/金光麻莉絵 構成/川端里恵(編集部)