2016.10.22

ミラノ・リナーテ空港には、モレスキンノートショップがある!!

ミラノ・リナーテ空港を利用するときの一番の楽しみは、

モレスキンノートショップがあること。

 

先日の、ミラノからパリへ移動のときに、リナーテ空港だったので、

早速モレスキンへ。

さすが本場のショップは、品揃えが充実。限定ノートも各種そろってましたし、私は日本に輸入されなくなった縦開きリポーターサイズのスケッチブックなどを購入しました。

そしてここの楽しみは、

店内にスタンプコーナーがあり、購入したノートなどに好きに押せること。

 

リナーテ空港オリジナルデザインのものなどは、ここにしか置いてない

スタンプで、旅の記念に、ノートのあちこちにスタンプしてきました。

Moleskineブランドは1997年生まれ。

ヴィンセント・ヴァン・ゴッホ、パブロ・ピカソ、アーネスト・ヘミングウェイなどの、著名なアーティストや思想家に愛された伝説的ノートブックを甦らせたイタリアの会社で、今や世界中にショップがあります。

撥水加工の黒く硬い表紙と手帳を閉じるためのゴムバンドが特徴で、モレスキンファンは、このシンプルで上質なノートを、自分流にカスタマイズして使っています。

今回また限定品を発見。

ミラノ限定、ミラノ柄ののノート。

 

2年前に来た時にはなかったので、最近のアイテムのようです。

文具ファンは、限定モノ好き。

もちろん買いましたよ。

店長さんに

「モレスキンは日本でも人気ですよ」

と伝えたら、とっても喜んで、

「いくらでも写真撮っていいですよー!日本の皆さんに宣伝してねー」

とのことでした。

皆さんもミラノを訪れたら是非!!

スタンプラリーのような、店内の記念スタンプチェックもお忘れなく。