2016.11.9
@AOYAMA

大竹 祐希子さん/51歳/HRM プロデューサー

乾いた冬の空気に映える
大人のペールトーンの着方

「冬の空気が乾いた日は、不思議とペールトーンを着たくなります。今日は、エッグシェルのようなシルクのブラウスにライトグレーのウールのパンツ。羽織りは、今季購入したアイスグレーのムートンのジレを合わせました。こだわりはタイツの色。パンツと靴をつなぐ小さなすき間ですが、ここを濃い色にせず、パンツと同じトーンにすると品よくまとまる気がします。」(大竹さん) 身長/154cm

OUTER カールドノヒュー
TOPS ドゥーズィエムクラス
PANTS トゥモローランド
BAG NYで購入したもの
SCARF エルメス
TIGHTS グンゼ
SHOES エクストラオーディナリージェーン
撮影/目黒 智子 取材・文/鈴木 亜矢子
大草 直子

NAOKO'S コメント

淡い色のワントーンが、初冬の街に映えてきれいですね! メイクもクリアで素敵♡ 肌の透明感がないと着こなせない、このライトカラー。丁寧にスキンケアをし、きちんと服のメンテナンスをする――このひと手間が、大人のスタイリングの完成度を高めます。