先週末から冬時間が始まり、1時間ほど時間が前倒しになりました。また街中ではスケートリンクがオープンするなど、季節の移り変わりを感じさせられます。
そんななか日本でも報道されているように、本日8日はアメリカ大統領選当日です。数時間後には、ヒラリー氏かトランプ氏か?の接戦の結果が出ていることと思います。

オープンしたばかりのブライアントパークのスケートリンク。ほかにもセントラルパークやロックフェラーセンターにもリンクはありますが、こちらのみ入場無料だそうです!

ニューヨークではこの数日、大統領選前後に大きなテロが起こる可能性があるとニュースなどでたびたび注意喚起されており、タイムズスクエアやグランドセントラルステーションなど人の集まるエリアでは、多くのパトカーや警官が物々しく警備にあたる光景がよく見かけられました。

アメリカでも日本と同じように、近年は投票率の低下に悩まされているようで、その理由のひとつには、投票所が分かりづらく、かつ行きづらいなどの原因があるとのこと。それを解消するため、今回の選挙ではGoogleと配車サービスのUber がコラボし、利用者がUberアプリに自宅住所を入力すると指定された投票所が自動表示され、投票所まで連れて行ってくれるサービスができたと話題になっていました。(もちろん有料なので、Uberのプロモーションとも取れますが(笑))。

また、「I voted(私は選挙に行きましたよ)」というステッカーをつけている人もチラホラ。投票率を上げるための施策のようで、投票を終えた人に渡されるようです。ナイスなアイディアですよね!日本でもやればいいのに〜と感じています。

 

私が通っている学校では特別授業として「大統領選挙報道を観よう!」というクラスが即席でつくられました。またとない機会なので、これから参加してきます!誰が大統領になったとしても、争いのない、差別のないアメリカをつくってほしいですね。