mi-mollet NEWS FLASH Beauty

2016.12.9

ある日突然、「7時25分」が気になる!?  今、見直したいミモレ世代のスキンケア事情 [PR]

ビューティのAsk&Answerでも上位にあがる「年齢を重ねることで増えてくる肌悩み」。中でも「シミ」「シワ」「たるみ」の3大悩みは複合的な要素が絡み合い、一筋縄ではいかないほど深刻化しています。編集部に送られてくる皆さんの質問をチェックしながら「悩んでるのは私だけじゃないんだ」「お手入れ法を知りたい!」と、まるで同志のよう。
中でも、鼻から口元にかけてタテのラインが刻まれる“ほうれい線”とフェイスラインのたるみはTOP5に入るお悩み事であり、個人的にも関心がありました。

 

「ある日突然、こんなことになっちゃった」なんてことはないのですが(笑)、私にとってはある日突然の出来事でした。そう、今まで見て見ぬふりをしていたんです。口元のラインがあっても、フェイスラインがもたついていようが「見えない、見えない」と目に手を当てていました。

でも、先日、コーセーのPRの方に衝撃な事実を教えてもらい、それが頭から離れなくなってしまったのです。「若々しい印象を与えている人と実年齢以上に“老けて”見える人の差を探してみたら、ほうれい線とフェイスラインに違いがあったんです。若々しい人の頬はハリがあるのに対し、老けて見える人の頬はしっかりとラインが刻まれている。私たちはこのラインを時計針に見立ててみました。恐怖の7時25分、この針の位置は決してお顔に刻ませてはなりません!」と。

 

その後、鏡を見るのが怖くなりました(笑)。まぁ、鏡を見なくても私の頬にはくっきりと7時25分が刻まれていることを自覚していたので、見ても見なくても変わりないのですが。
この事実、どう受け止めて何をしたらいいのだろう、と考えていたのですが、そのときに教えていただいたのが、アスタブランの化粧水、乳液、そして新しく登場したクリーム状美容液の3点使いでした。

改めて想う、ライン使いってスゴいんです

歳を重ねるとともに進んでしまう、肌弾力の低下。でも、「もう歳だから」って諦めてしまうのはもったいないと思うんです。肌は手をかけるとそれに応えてくれる、というのは美容業界では有名な話で、その人の本気度が試されるのかな、と。
私、どちらかといえばズボラなタイプ。さらに輪をかけて面倒くさがり屋なので、ひとつのことに根気強くできるタイプではなかったんです。でも、ココロを入れ替えてやってみることに! 化粧水、乳液、クリーム状美容液のスキンケアの基本を始めました。

● これでもか、っていうくらい化粧水を使っています

年齢を重ねることで増えてくる肌悩みの最たる要因、それは乾燥です。肌トラブルの原因は乾燥によるものだ、ということを聞いたことがあります。生活習慣の乱れやストレス、外的環境など、肌へのダメージは計り知れません。それに、私、親しいエステティシャンに「肌のうるおい機能が人よりも低いので、保湿ケアはまわりの人以上にやらないとダメですよ」とアドバイスを受けていたんです。

だから、化粧水は「これでもか!」っていうくらい多めに使うようにしています。肌になじませる、というよりも肌の炎症を防ぐための施策。肌本来の働きができるように守ってあげる必要があるんです。コットンに化粧水を含ませてパック。3点お手入れの中でも一番時間をかけています。

脱乾燥! 脱ハリのなさ! 紫外線や酸化ストレスなどでしぼんでしまった肌には水分補給が先決。テクスチャーはさっぱり、しっとり、とてもしっとりの3タイプからセレクト。 アスタブラン Wリフト ローション【医薬部外品】140ml ¥3200(税別・編集部調べ)

● 乳液はうるおい力を高めてくれる、大人肌の味方です!

ドライ肌よりもオイリー肌の私にとって、乳液やクリームは「必須アイテムではない」と思い込んでいた時期がありました。それもつい最近まで(笑)。自分の肌は自分が一番知っている、その思い込みが自分の肌を痛めつけていたのです。乳液、クリームこそ、大人の肌には欠かせないアイテムだったのに。

お風呂上がりは肌が柔らかいですよね。あの感覚を朝までキープできるのはこの乳液のおかげだと思っています。化粧水で水分を行き渡らせ、肌の表面を柔らかくしながらうるおいのあるハリ肌へ。肌をキュッと押したときのモチっと返ってくるような手応えは、眠りにつくときでも感じられます。

目元や口元の乾燥小ジワにアプローチし、うるおいを肌に閉じ込める薬用乳液。 アスタブラン Wリフト エマルジョン【医薬部外品】100ml ¥3500(税別・編集部調べ)

● 7時25分の針を進められるかも?

最後のお手入れにクリーム状の美容液を。見て見ぬふりをしていた7時25分の針を動かすお手伝いをしてくれる新美容液。化粧水&乳液とこの美容液でスキンケアのお手入れは完了。
少量でも伸びが良く、すーっと肌に馴染んでいきます。後肌もベタつかず、ふっくらとした感触。前に使用していた化粧水、乳液の機能を受け止め、肌が応えようとしている。これがライン使いのシナジー効果なんです。
もしかしたら、私の肌に刻まれた7時25分の針の位置を動かせるかもしれない。ちょっと前向きになれる化粧品との出会い。しばらく使い続けてみようと思っています。

美容液とクリームの機能をひとつにまとめた薬用クリーム状美容液。朝、化粧の前に使用してもベタつかず、ファンデーション崩れもないというスグレモノ。私の肌とも相性ぴったりです。 アスタブラン Wリフト センセーション【医薬部外品】30g ¥4500(税別・編集部調べ)/すべてコーセー

お問い合わせ先/コーセー
tel.0120−526−311


取材・文/長谷川真弓