2016 Nov. 16

自宅も着こなしも。
トープ、ベージュ、グレー♥
 

今朝、服を選び、コートを羽織って。いつものパールのピアスで仕上げて、出かけようとしたときに気付きました。

「私の今日の服、リビングの色とおんなじだ~」

そうなんです。グレーとベージュの中間ようなトープ色と、淡いグレー、そしてオートミールのような乾いたベージュ。バニラ色。なんだか落ち着きます。この地味な色。

ワードローブには、最近でこそ黒が参加していますが、インテリアでは皆無。「締め色」は、ファッションも部屋の中もヴィンテージグレー。こんな影の存在があるからこそ、明るい色が際立つのです。

30代。自分のスタイルが、はっきりと確立していなかったあの頃は、インテリアも「見えません」でした。何が好きなのか、何が落ち着くのか。けれど、それも、不思議ですね。おしゃれが段々と確かになると同時に、部屋の中のイメージもクリアになってきたのです。38歳から42歳までの、第一次「おしゃれ更年期」を超えたときの、新しい景色でした。

今日のスタイリングは。先日のイベントで、お客様にご紹介し、その色の繊細さに感動して買った、オートミール色のチェスターコート。薄くストライプが入っているので、少しマニッシュな印象。

インナーはトープ色のカシミヤニット。ボトムスはシャンブレー色のデニム。襟元が少し寒かったので、オールドイングランドとJosha Ellisとのダブルネームのストール。コートの外で、ストールの端がひらひらと泳ぐ巻き方があまり好きではないので、小さくミラの巻きして、襟元に押し込みました。やり方は、動画をどうぞ♥
 

 

色を、素材を繊細に重ねていく――このやり方、ヴァンテーヌでたくさん学んだ気がします。シルバーヘアになって、全身で黒がもっと少なくなったら、違うイメージで着こなせるだろうな! 楽しみ。

大草 直子

  • パーツによって、ボディケアアイテムをかえています。エクササイズをしないので、このくらいは(笑)。左から時計周りに。おなか、二の腕に使う3Sボディクリーム。これ、本当に効きますよ。二の腕細くなったもの(笑)。そして2週間に1本使い切るNIVEAスキンミルク。朝はこれを全身に。そしてweledaのアルニカマッサージオイル。あまりに凝りがとれるので、肩や背中、脚に。そして最後が、エルバビーバのその名もシェイピングオイル。ヒップ下、太ももなどに。これも、、もう3本目くらいでしょうか。身体の声を聞きながら使い分けるのも楽しいものです。
  • 横目で見ていたリビングのインテリアはこんな感じ。全体を、赤み少な目で仕上げていますが、1色「はずし」を。この部屋の場合、唯一の赤み、バーンドブラウンのレザーチェアです。
 
CREDIT :

コート/アンタイトル
ニット/デザインワークス
デニム/リーバイス
ストール/オールドイングランド