スーツ姿の男性と肩を並べる、限りなく上を目指す、国の政治や経済を動したり、影響力を持つ、そんな誰が見ても''タフ''な女性だけが気になる女性ではありません。
「気になる」なんて言うと不謹慎かもしれませんが、今気になる女性、小林麻央さんについても書かせてください。

彼女が癌であるというニュースを聞いた時、自分でも驚くほどショックでした。
ファンでもアンチでもなく、さほど気にしたことのなかった女性だったのです、まさかの乳がん、しかもステージⅣ。完璧を絵に描いたような人生にそんなことがと、あまりにも衝撃的で。

きっと多くのミモレ読者の皆さんも同じようにショックを受けたかと思いますがわたしの場合、そのショックを和らげてくれたのは真央さんご本人だったことにおどろいています。

ブログを読んでいるのですが
悲劇のヒロインになどならず、あくまでも淡々と穏やかで静かなトーンで。
だからこそ彼女の素直さとか、愛情深さとか、前向きさとか、明るさを知ることができて、はじめてこんなに「うつくしい」人だったのかと、感動してしまいました。

「もっと生きたい」「思い出を作りたい」などと書かれると、あまりにストレートな言葉に病状がよけいに心配になり胸の奥がしめつけられるような感覚になりますが
そんなぎりぎりの日々の中ですら、彼女らしい前向きさと愛情深さには敬意の念を抱かずにはいられず。

優しい人は強い人、という言い方がありますが、きっと彼女のような人のことを言うんだなと思ったり。
最近イギリスBBCの「世界の女性100人」 に選ばれたとのこと。

治療はとても大変なようですが、本当にたくさんのたくさんの人が応援していますよね、心から回復を願っています。

息子のためのクリスマスコーナー。自分でかけられるオーナメントや絵本を。真央さんもお子さんたちとクリスマスツリーの飾り付けをしていましたね。ご家族であたたかいクリスマスを過ごせますように。

 

雅子