モダンリビングパブリッシャー下田結花「インテリアの小さなアイデア」

2016.12.30
320

<8>「暮らし」は、結果ではなく経過を楽しむ
~年末年始あなたに贈る「小さなインテリア語録12」~

「何かを伝える」という目的だけであれば、電話でもメールでも可能です。けれど、手紙はその「経過」に意味があると思うのです。書いている時間は、相手を思う時間。これは、去年まで続いていた母との文通の証。母の文字が今も私に語りかけてくれます。

4年前、自宅をリノベーションして何が変わったかといえば、「経過」を楽しむことができるようになったことでしょうか。例えば料理をしていても、以前は「食べるために作る」ということが目的でしたから、作る途中は作業にすぎませんでした。けれど空間が変わり、ひとつひとつ使いやすさが整い、ゆったりと気持ちよく料理できるようになると、その作業自体がとても楽しいものになったのです。目的地へ着くためにたださっさと歩くことと、途中の景色を楽しみながら散歩をすることの違い、といえばいいかもしれませんね。結局、暮らしとは、結果ではなく経過を楽しむことに意味があるのだと思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【発売決定】この連載が本になりました!
『心地よく暮らす――インテリアの小さなアイデア109』


「インテリアの気づき」を、以下でもで発信しています(ほぼ毎日更新中)
モダンリビングのインテリアのプロ向けサイト「MLインテリア」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー