モダンリビングパブリッシャー下田結花「インテリアの小さなアイデア」

2017.1.3
324

<12>インテリアを考えるのは「生き方を考えること」
~年末年始あなたに贈る「小さなインテリア語録12」~

ベルギーで取材したお宅にあった、トーネットのダイニングチェア。建築家のコルビジュエも愛したデザインです。無塗装の仕上げが素朴なテーブルとぴったりでした。時間とともに傷や汚れが一体化していく木の椅子は、自分の人生を重ねていくのにふさわしい家具だと思います。

インテリアもファッションも、その人自身を表すものだと思います。どう見られたいか、どう暮らしたいか、何をしたいのか。インテリアを考えることは、自分の生き方を考えること。今、買う家具は、20年後も一緒にいることを想定しなくてはなりません。その頃、あなたはどんな暮らしをしているのでしょうか? 家を建てることも、リノベーションすることも、ソファを買うことも、大切なのは、それを手に入れる前に「自分の人生を考える時間をもつ」ということ。リノベーションをして、私は自分の人生をリセットしたという実感をもちました。自分と家族が暮らすための心地いい場所ーーインテリアはあなたの生き方の表れなのではないでしょうか。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【好評発売中】この連載が本になりました!
『心地よく暮らす――インテリアの小さなアイデア109』


下田結花のブログ「インテリアの気づき」
モダンリビングのインテリアサイト「MLインテリア」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー