2017.1.1

大晦日に揃えて新年を迎える「2017ステーショナリー」

 

 

新年あけましておめでとうございます。

 

2017年の幕開けです。

 

本年も、」何卒よろしくお願い申し上げます。

 

さて、新年最初のミモレブログは、

元日から使い始める、ステーショナリーをご紹介します。

 

毎年の儀式として、元日に必ずやること。

1、手帳カバーを交換する。

2、自由ノートに、万年筆で今年の抱負を書く

3、今年の1軍万年筆を3本決める

 

日々の暮らしや仕事を、傍で支えてくれるのが、ステーショナリーだから、やはり質の良いものを選びます。

 

大晦日のうちに、机の上に全て揃えて、新年を迎えると気持ちが良いもの。

 

手帳カバーは、毎年エルメスなのですが、今年は、新しく仲間入りした茶色と青のツートンに。

 

 

毎年新調するわけではなく、これまでのコレクションを再度使用したりすることも。

 

自由ノートは、1冊とは限らないのですが、今年は、京都のノート専門店「リエノ」の神田社長からいただいたROSSI社のノートでスタートです。

 

美しいイタリアの紙がなんとも優雅な存在感のあるノートです。

 

2017年の1軍万年筆は、この3本にしました。

 

 

右からまず、昨年プロデュースいたしました「レコルト」M

伊勢丹新宿店リビングフロアと、オンラインの300本限定販売で、

おかげさまでラッキーアイテムとしても大好評で、

残りあとわずかだそう。

真ん中は、ドイツのペリカン万年筆限定「アクアマリン」Mと、

左は、昨年特注しました、螺鈿です。

どれも書き心地抜群の3本です。

 

ニューイヤーカードも、これらの万年筆で書くつもり。

 

ちなみに、ペンケースは、

神戸NAGASAWA文具の新色です。

とにかく、今年の文具は、

どれも華やか。大切に使い続けます。

きっと、多くの夢や目標を実らせてくれることでしょう。

みなさんは、どんなステーショナリーで2017年をスタートさせますか?