2017 Jan. 8
NEW!

リゾートのナイトアウト。
軽いドレス、ウェットなヘアメイクで!

まだ、セブを満喫しています! 関係ありませんが。ほとんど最後まで書き終えた原稿が、なぜか入稿中にフリーズ(´;ω;`) か、悲しい~。保存していなかった私が悪いので、気を取り直して、1から書き直しました~。

さて(笑)。リゾートでの楽しみは、昼のアクティビティもありますが。ナイトアウトも♥ 日焼けが生きる、普段とは違うファッションで、まだ熱気の残る風を感じながらお出かけするのは、本当に楽しい。ドライな気候より、熱帯を好むため(笑)、いつも行先は東南アジアになるのですが、なんか、生きてる!って感じがする!

今回持ってきたナイトアウト用のワンピースは、淡いグレーに白の花のプリントがされたリネンのドレスと、ウォッシュドリネンの白のレース。ドレス選びの条件は、裏地がないこと(熱帯では張り付くので)、肌の色が際立つアイシーな色。そして、家で簡単に洗えること。

たまたまグレーのワンピースは、スティーブン・アランで買いましたが、ほとんど、ローカルのブティックで買うことが多いです。例えば、バリのセミニャックは、ブラジルやフランスから移り住んだデザイナーが多いので、少し高いですが、とても洗練されていて◎。行ったときに買って、5年ほど楽しみます。

ボディバランスを考えると、背中や肩が見えていたほうが良いので、街では基本着ません。リゾート専用。毎年買い替える必要もないので、気に入ったものを見つけた時に♥

昼間の日焼けで、心地よく火照った肌に、さらんと着られるドレス、本当に気持ちが上がる!

メイクも、ドレスに合わせて基本ナチュラル。そして大切なのがウェット感。肌も髪も、瞳やまぶた、くちびるも、マットに作り込まないほうが断然きれい。ファンデーションは塗らず。コンシーラーで気になるところをカバー。お粉はなし。そして、アイシャドウも、THREEのウィスパーグロスフォーアイ02だけ。普段は、これにアイシャドウを重ねますが、旅先ではこの1つで。色、というより質感を載せる感じで、顔に立体感が生まれるので好きです。

そしてくちびるは、アディクションのティント リッププロテクター +モア001。指に直接とって、とんとんとなじませると、まるで自然な血色が生まれます。

さらに大切なのがヘア。海から上がって、そのまま無造作にまとめました――みたいな雰囲気が作れるから、センスオブヒューモアのBOHEMIAN SEA WATER。東京でも使っていますが、トラベルセットを今回は。私がディレクションさせて頂いている、髙島屋のシーズンスタイルラボでも取り扱っています♥ 髪が濡れているうちになじませると、良い具合に潮風ヘアが完成します!

と、もう少しお休み頂きます~。みなさまも、素敵な3連休を!

 

大草 直子

  • バリのブティックで買ったドレス。ウォッシュドシルクが、肌に心地よい♥ 家で洗えます!
  • 背中にスリットが入ったドレス。リゾートなので、下着なしで着てしまいます(笑)。クラッチはヘレン・カミンスキーです。