2017.1.10

ル ボンマルシェのセールが、スタート!

いつ行っても、美しいなあ〜と感嘆せざるを得ない、大好きなデパートであります♪

今年のオフィシャルな冬のセールは11日からなのですが、会員優待という名のフライングなセールを4日よりスタートしたル ボンマルシェ(ほんとはそのあとリヴゴーシュだけど、面倒くさいので以下ボンマルシェで)。

風邪気味だったのですが、これは、這ってでも行く……!

なぜ人は、セールといわれるとこんなに血がたぎるんでしょうか(私だけ?)。

靴売り場でずっと欲しかったショートブーツを物色すると、サルトルで可愛いデザインをふたつ発見。

しかし、色は黒が欲しいと思っていたにもかかわらず、そのうちのひとつは黒が見当たらない。店員さんに訊ねると、しばし端末を操作していた彼が言うには

「いい知らせと悪い知らせがあります」。

いい知らせは、黒のデザインがあるということ。悪い知らせは、その靴がボンマルシェではなく、路面店にしかないということ。

「セールになっているかは確約できないけれど、たぶん大丈夫だと思う」といって、在庫のある店のショップカードを渡してくれました。

とはいえ、もうひとつのデザインを履いてみたら、断然そちらのほうが良い。「せっかくカードもらったけれどこっちにします、すみません」と言うと、「いや、これで他の路面店の場所も判ったから良かったね」と笑い飛ばしてくれました。

その後も、お手入れの方法などを色々こまめに教えてくれ。

アメリカやイギリスでもそうでしたが、フランスの店員さんは、冗談を言ったり、「私はこっちの方が似合ってると思う」とはっきりアドバイスしてくれる、距離感の近い人が多い気がします。

その感じが人間っぽくて、やっぱりこの国が好きだなあ……と思うのです。

で、こちらが購入したショートブーツ。シンプル&トラディショナルだけれど、長く履けそうかなー、と。