ミモレセレクトショップ

2017.3.1

【動画】この春は、「女っぽさ30%のせ」の服にトライします♡

「この春は、辛口ミラネーゼよりも、甘さの薫るパリジェンヌが気分♡」と大草編集長。いつもの自分より「女っぽさ30%のせ」が今季のテーマだそう。そこで、デザインや色、素材で女っぽさをアップさせるアイテムをセレクト。普段はカジュアル&ボーイッシュなミモレスタッフ3人がトライしてみました。
また、ヘアメイクアップアーティスト小澤実和さんによる、メイクで「女っぽさ30%のせ」の簡単テクも動画でご紹介。どうぞ最後までお見逃しなく!

mi-mollet 大森は
シャツワンピ風セットアップを
カジュアルに!

着るだけで女っぽさが際立つセットアップに大森はトライ!
「そのままパンプスできると、普段、カジュアル一辺倒の私にはオンナっぽさが過剰になりそうなので、コンバースとコットントートバッグでカジュアルダウン。さらに、リボンもあえて結ばずにサラリとたらしてみました。実際に着用してみると、鎖骨や手首など、私の華奢な部分をさりげなく強調してくれるところが有難い(笑)。その反面、ハリのある素材で凛とした表情も出せるので、“ハンサム”な印象も同時に演出できる。そんなところも今ドキの“女っぽさ”を叶えてくれるうえで大きなポイントかな、と思います!」(大森)

  •  
  •  

このシャツにデニムを合わせる。このスカートにサマーニットにサラリと……コーディネイトアイディアがたくさんわいてくる絶妙デザイン。スカートはウエストをさりげなく細くみせてくれるデザインながら、ゴムがはいっているのではいていて本当にラクチンなのでオン・オフ問わずに活躍してくれそう。

スタイルノート

カシュクールシャツ×ラップ風スカートセットアップ

¥14900(税込)

首、手首、足首の「3つの首」を出すことで、女の人はとてもキレイに見えるもの。このセットアップはただ着るだけでその条件を叶えてくれる、まさに「女っぽさ30%のせ」アイテム。セット使いはもちろん、単品使いもしやすいのがうれしいポイント。

大草編集長によるスタイリングはコチラ>>
 

mi-mollet 川端は
優しいキャメルのスカートで
ボーイッシュを封印

パンツスタイルが多い川端は、ミドル丈のボックススカートにトライ!
「私の身長だと、ふくらはぎがすっぽり隠れる丈になるのですが、このくらいの丈感が実はどんな靴とも合わせやすいんです。今日は”女っぽさ30%のせ”がテーマなので、サボに合わせてみました。すとんとしたストレートなシルエットですが、カーゴパンツ風の大き目のポケットとウエストのリボンがアクセントになって、のっぺり見えません。少し白みのあるやわらかいキャメル色は、トップスの色も選ばず、コーディネートの幅が広がりそうです!」(川端)

  •  
  •  

白いブラウスと合わせて爽やかに。スカートと靴とバッグは同系色でまとめ、ややハイウエストぎみにはいてスタイルアップ! カゴバッグのキッチュさでバタやんらしさをプラス(笑)。

スタイルノート

共布リボンベルト付きサイドポケットスカート

¥8900(税込)

たっぷりとした丈なので、椅子に深く腰掛けても膝がでない女性らしいスカート。タイトなラインですがタイトすぎないので動きやすいのも◎。靴を選ばない丈でもあるので、ON&OFFで活躍します。

大草編集長によるスタイリングはコチラ>>
 

ライター 金光は
とろみ素材×桜ピンクのパンツで女っぽさ30%のせ!

9:1の割合でパンツ派の金光は、スカートをはきなれていないのでパンツで「女っぽさ30%のせ」にトライすることに。「ピンク(しかも桜ピンク!)なんて今まで着たことがないのでちょっと心配だったのですが……顔から離れているのと、他はいつも通りのスタイル(黒)をキープしたことで、なんだかイイ感じ!? また、自他共に認める安産型の下半身はつかずはなれずのサイズ感がカバーしてくれ、ハードになりがちなスタイリングにとろみ素材と桜ピンクが女性らしさを加味してくれました。さらに、桜ピンクは今年のラッキーカラー! このパンツがあれば、女性らしさも開運も手に入れられます(笑)パンツ派、黒好きさんにはおすすめの1本です!」(金光)

  •  
  •  

ウエストのインベルトがしっかりしているので、タックインスタイリングがはまります。また、高い位置でウエストマークができるので脚長効果も! リラックス感のあるとろみ素材ながらも、センタープレスとダブルの裾できちんと感をキープ。

スタイルノート

とろみソフトワイドタックパンツ

¥8900(税込)

とろみ素材×桜ピンクの女っぽい組み合わせも、スカートでなくパンツなら甘くなりすぎずに着られます。センタープレスとクロップド丈が脚をすっきり美しく見せてくれます。

大草編集長によるスタイリングはコチラ>>


小澤さん直伝!
「女っぽさ30%のせ」の簡単メイク法


ミモレ世代の「女っぽさ30%のせ」メイクのポイントは目元にあり! と小澤さん。ひとつは眉の毛流れ、もうひとつはまぶたのツヤだそう。どちらも専用アイテムではなく、他のパーツのアイテムを流用するメイク法なので、お得感もあってうれしい♡ 詳しくは動画をCHECK!

眉毛を1本1本立ち上げ、毛流れをつくることで若々しくフレッシュな印象に。そして、瞬きしたときやふと目線を下げたときの、まぶたのジューシィなツヤに目線が釘付け! 手持ちのグロスをアイメイクに使うことで、今までにない立体感とうるおい感が手に入れられます。

<動画でcheck!>

 
 

「女っぽさ30%のせ」の服とメイクはいかがでしたか? どちらもとても簡単に完成するので、ぜひこの春の参考にしてみてくださいね! 

 

協力/ベルメゾン

撮影/目黒智子 取材・文/金光麻莉絵 構成/川端里恵(編集部)