ミモレセレクトショップ

2017.3.15

【動画】大草編集長・大森・川端が本気セレクト
この春何着る?どう着る?

ベルメゾンのStyleNote(スタイルノート)では「ミモレ婦人服店」と題し、大草編集長を筆頭(店長!?)に、この春着たい服を本気でセレクト。連動企画としてミモレでは大草編集長の着こなしのポイント動画と編集大森&川端のセルフスタイリングをご紹介します。ぜひお買い物の参考にしてみてくださいね♪

 

大草編集長がこの春着たい服!
 ① シャープな「花柄スカート」

スタイルノート

【シワになりにくい】モノトーンプリントスカート

¥9900(税込)

サーキュラー調の台形スカート。さらっとした落ち感のある素材だから広がりすぎず大人っぽく見えます。また、黒地プリントは小物を選ばないのでスタイリングの幅が広がります。

 

大草編集長の着こなしはコチラ>>


大草編集長がこの春着たい服!
 ② ライトグレーの「アンサンブルニット」

スタイルノート

〈上質ギザコットン使用〉着まわせる秀逸ニットアンサンブル

¥11900(税込)

カットソー感覚でカジュアルに着られるアンサンブル。リブや編み方がノースリーブとカーディガンで違うので、セット使いがよりおしゃれに。カーディガンはストールのように巻いたり、結んだりして楽しんで。

 

大草編集長の着こなしはコチラ>>

 

大草編集長がこの春着たい服!
③ 羽織れる「シャツワンピース」

スタイルノート

パール調ボタンシャツワンピース

¥9900(税込)

ボタンがパール調になっているのでアクセサリーいらずの華やかさ。ワンピースとしてはもちろん、チュニックや羽織としても使える汎用性の高さがポイント。靴を選ばないミモレ丈なので、どんなシーンにも寄り添ってくれます。

 

大草編集長の着こなしはコチラ>>


ミモレ背高さん代表 ・編集 大森がこの春着たいのはコレ!

スタイルノート

アメリカンシーアイランドコットンニットプルオーバー

¥7900(税込)

フレンチスリーブ調なので肩と二の腕が細見えします。また、デコルテを美しく見せるVネックの空き具合も絶妙。1枚で着れば全体的に華奢な印象に。中にシャツをレイヤードしてベストのようにも着られます。

シンプルなのに気の利いた
細見えニットプルオーバー

「背が高いのでデコラティブなものより、シンプルな服の方がそつなく着こなせる気がしています。特に、このニットプルオーバーのような小技が光る服は大好物! シンプルながらも、どこか気の利いた感じに見えるのは計算されたラインやサイズ感のおかげ! デニムはもちろん、ワイドパンツやマキシスカートにも合いそうです」(大森)

  •  
  •  

後ろが長めになっているので、前だけタックインにはもってこい! ハイウエストのパンツと合わせれば脚長効果とお尻カバーが叶います。大きめのシルバークラッチでシャープなツヤをプラスして。

スタイルノート

シルク混ロングニットカーディガン

¥9900(税込)

すとんときれいに落ちるIシルエットの羽織は、スタイルよく見える優秀アイテム。両サイドの深めに入ったスリットからボトムがチラ見えする抜け感も◎

きれいなIシルエットだから完成する
「長い×3」のレイヤード

「背の高い人の特権は、重心を下に持ってきてもバランスが取りやすいこと。例えば、ワイドデニムにロングワンピース、そしてこのロングカーデの”長い×3”のレイヤードも難なくおしゃれにまとまります。また、背が高いとロマンティックなデザインのワンピースもガーリーになりすぎないから不思議です」(大森)

  •  
  •  

きれいな落ち感がでるのは生地がシルク混だから。着心地も抜群です。また、袖と裾のリブのほどよいデザイン感がおしゃれに見せてくれます。



ミモレ小柄さん代表 ・編集 川端がこの春着たいのはコレ!

スタイルノート

レースアップカットソー裏毛パーカ

¥6900(税込)

ボーイッシュでラフになりやすいパーカも、胸元が編み上げになっているから女っぽい印象に。大きめのフードと襟が抜けるくらいのサイズ感が、王道のパーカを新鮮に見せてくれます。

スタイルノート

コットンロングスカート

¥8900(税込)

裾に向かってふんわりボリューム感がでるようにデザインされた女性らしいスカート。白味の強い黄色は他の春夏カラーとの相性も◎ コットン素材なので着心地が良く涼やかです。

元気いっぱい!
でもちゃんと大人っぽい休日スタイル

「小柄なので色の力を借りてほめられどころを作るようにしています。特にこれからの季節は明るい色を着ていると、そこに目線が集まり”おしゃれを楽しんでる”感がでるんです。そこで、黄色のスカートを主役に休日スタイルをコーディネイト。コットンスカートにパーカという定番感も、パーカが一癖あるので新鮮に、そして大人っぽく見えますね」(川端)

  •  
  •  

このスカートは背の低い人がはくと、ミモレとマキシの中間丈に。靴も選ばず、自分でつまずくこともない、ちょうどいい丈感です。パーカの素肌が見える胸元と、衿抜けしたうなじが、ほどよく大人っぽさを演出。

スタイルノート

ノーカラーフリンジデニムジャケット

¥9900(税込)

デニムシャツのようにラフに羽織れるノーカラージャケット。とても柔らかいので着心地、動きやすさともに抜群です。ショート丈はバランスが取りやすいのも◎

スカートを着まわし!
カジュアルなのにきちんと見え!
明るい印象のお出かけスタイル

「デニムジャケットがほどよいきちんと感を演出してくれるので、ちょっとしたお出かけにもOK。合わせる靴次第でONにもOFFにも着られそうです。また、デニムの青とスカートの黄色が春らしい印象をもたらしてくれます。仕上げにスカーフを巻いて、大好きなトラッド感をプラスしてみました!」(川端)

  •  
  •  

デニムジャケットは前立てがフリンジになったトレンド感ある一着。丈が短いのでスカートやパンツはもちろん、ワンピースとも相性良しです。春色合わせには黒は入れず、ブラウン系でまとめると軽やかな仕上がりに。

 

協力/ベルメゾン

撮影/目黒智子 取材・文/金光麻莉絵 構成/川端里恵(編集部)