2月に入りました。お正月の緩みも少しずつ離れ、本格的に始動するタイミングです。先日遅めのプチ新年会をmi-molletでも連載されている青木良文さんとご一緒させていただきました。去年もレクチャー受けて、「ピンクのお財布」を手に取ったことを思い出しますが、あれからもう1年・・・。早いものです。

mi-molleの連載「今日も大吉!」も素敵なアドバイスがいっぱい!お会いするといつもおしゃれで、素敵な着こなしにも感服しています!

今年は「水」の年だそうで、美容や女性らしさを発揮するにはとても良い一年だそう。

忙殺されると、余裕もなくついつい雑な生活パターンになってしまう私。健康の観点からでも言えるのですが、多忙な生活を送る人ほど、子宮筋腫などの病気にもかかりやすいと聞いてます。男性的な働きが活発になり、女性ホルモンのバランスが低下し、それが病気を引き起こす一つの原因とも言われているようです。確かに、私の周りも男性並みの働きをする人ほど筋腫にかかっている人が多く、単に「ストレス」の一言では片付けられないような気がします。そういう私も、昨年行った人間ドッグで筋腫持ちだと発覚。切るまでには至ってはいなくても、要観察の状態が続いています。

要点から逸れてしまいましたが、今年はそんな自分のためにも、女性性を高め、しなやかなに生きていくことに徹してみようかと思っているところです。

春を迎えるにあたり、青木さんからのアドバイスで買い換えたもの、今年はたくさん愛用しようと思っているものを少しご紹介。

 

【新しい節目には新しいタオルと下着とローズの香りを身にまとって】

 

人の体は半分以上が水でできていると言われます。汚いタオルを使うと不潔な印象へ、古いタオルは古い女性像を作り出してしまうそう。意識して買い替えすることで良い気を与え、かつ清潔感のある印象へ。タオルは柔らかく優しいタッチで肌を包み込んでくれるものを。「ORIM(オリム)」のパイルとガーゼのダブルフェイス生地のタオルはスクワラン成分配合で、水分を拭き取った後でも、しっとりとお肌に潤いを残してくれる優れもの。乾燥した冬にもオススメ! 

タオルと同様に古い下着もその人の印象を変えてしまうそう。新しい年に新しいランジェリー。今年は特に女性らしさをアピールする年に最適な一年。ラッキーカラーのピンクがオススメ。AROMATIQUE | CASUCAの肌馴染みの良いサーモンピンクは、どんなトップスにもフィット。シェルフロントは胸もとを美しく演出し、かつイタリアで作られたフィロスコッチャ製のコットンは最高の肌心地を与えてくれます。

資生堂ローズロワイヤルパルファム。マリーアントワネットがこよなく愛したバラ「ロサ・センティフォリオ」から抽出した(なんと300本のバラから1gしか抽出できない)ローズオイルから作られたパフファム。ローズ特有の華やかさの中に、凛とした気品のある香りが好き。

 

【女性だったら誰もが大好き!ローズとパール】

 

今年はバラの花がラッキーフラワー。それもピンク!見てるだけで幸せな時間を与えてくれます。

 

CASUCA の lupearl(ルパール)シリーズ。全ての女性の運を高め、魅力を引き出してくれると言われる真珠は今年ならではのラッキージュエリー。今では希少価値が高く手に入りにくいと言われている天然のケシパールは、一粒一粒に存在感が溢れています。

 

【美しさは健康な体と心から】

 

美容で容姿だけを変えようとしても、それは一時しのぎ。健康な体づくりと心の休息はとても大切。リトリートサロン GREEN は、ファスティングや快眠などをベースに強い体幹を作ることを目的としたサロン。赤坂見附にある御所の森と高層ビルを臨んだ素敵な空間で体づくり。