2017 Feb. 12

ここ数日の、
たくさんの「楽し事」

こ、このイエローの壁? まさか、南米に飛んだ? と思われる方も(笑)
原宿にあるペルー料理のレストラン。南米人の友人が多いので、何度もペルー料理屋さんには行ったことがあるのですが、この「ベポカ」、素晴らしくモダンで洗練されている。友人の親類がやっているぺルーレストランも、滋味深く素朴でおいしかったけれど、こちらの料理は今っぽく、そしてヘルシー。おいしかった。心から尊敬する友人と先輩と、「婦人会」の会場でした。

そして、展示会もちらほら。ハンガリー初の、デザイナーズブランド、「エアロン」の会場にお邪魔しました。こちら、読み方はわからずとも、セレクトショップで購入した何枚かを持っていました(笑)。できるだけハンガリーの素材を使用し、縫製や仕上げも現地で。美しく小さな国の、「リアルクローズ」がこう表現されるのかと、しばし感動。デザイナーは30代の女性。CEOは、なんと26歳の女性だそう。

夫方の母にハンガリーのルーツがあります。末娘には、肌の色や髪の色など、東欧の血が濃く流れています。そんなこともあり、たくさん試着させて頂き、オーダーまでちゃっかり。

届いたらまたご紹介しますね。

そして、週末はイベント。ガス・ビジューというアクセサリーブランド。創業者のアンドレさん、チーフデザイナーのマリーさん親子も来日。リーズナブルなプライスで、素敵なデザインがたくさんの、このブランド。私も思わず買ってしまいました(笑)。

と、本格的な春に向けて、「楽し事」が目白押し。今月末には海外出張も。風邪やインフルに負けず、駆け抜けます!



大草 直子

  • こちら、オーダーいたしました(笑)。バーンドレッド(焼けたような赤)のセットアップ。コットン素材で、軽くて着心地抜群。ボトムスは、スカート見えするパンツです。秋冬ものなので、8月くらいの発売予定、とのことでした。このブランド、縫製や素材の上質さからすると、とてもgood price。きっとこれから私の定番になりそうです。
  • こちらは、チームガス・ビジューの手元。個性が出ますね~。右は、創業者のアンドレさん。チャーミングな紳士です。手前赤のネイルは、アルチザン(職人)の方。つけているアフリカンバングルを、その場で作ってくださいました。職人の方の手は、いつも色っぽく美しい。そして左奥が、チーフデザイナーのマリーさん。ゴールドのバングルは、ブランドのアイコン。