ジュエリーデザイナーMIZUKI「バイコースタル・センス」

2015.3.19

耳元と手元のジュエリー。その違いとは?

今日は、皆さんからもよく聞かれるジュエリーの選び方について、私なりのこだわりや好きなアイテムをお伝えしますね!

皆さんは、マーキズシェイプのダイヤモンドのかたち、わかりますか? ラグビーボールのように楕円の両端を尖らせた形です。このマーキズシェイプですが、MIZUKIデザインを代表するセクシーなスタイルとして、さまざまなコレクションでピアスのフォルムに利用しています。

定番人気のカットビーズのピアス。正面から見るとストレートなラインですが、サイドから見るとマーキズシェイプに。
大ぶりのIcicle Collectionのピアスは、カットビーズに比べてグッとエッジ―ですが、フォルムは同じくマーキズ。

私の場合、カリフォルニアではカジュアルなスタイルが多いので、左のカットビーズのキラキラがパーフェクトです! 右のタイプは、おしゃれなレストランでのランチやディナーのときに。さらにドラマティックさが加わって楽しくなります!

 

これらマーキズシェイプのピアスは、ロングヘア、ショートヘア、アップスタイル、またはポニーテールなど、さまざまなヘアスタイルに合いますよ!

そんな耳元のジュエリーですが、残念ながら、どんな大ぶりなものであれ、自分では鏡なしには着けている姿を見ることができません。そう、他人からしか見えないのが、耳元のジュエリー!

だからこそ、正面だけではなく、サイドや斜めからのフォルムにまで気を配りたい! どのアングルから見ても素敵なシルエットを叶えてくれることが、私がマーキズシェイプのピアスを愛用する理由です。

一方で、ブレスレットやバングル、リングなど手元につけるジュエリーは、もちろん相手からも見えますが、自分自身もつけていることを見て楽しめるアイテム。だから私は、常に手元にジュエリーをつけています。

 

最近のお気に入り、カフバングル。バロックパールのものを色も形もさまざまに重ねづけしています!

皆さんはどんなジュエリーを楽しんでいますか?

MIZUKI