かけがえのない友人との食事は自分への最高のご褒美。

前にも一度ご紹介させていただきましたが、10年来の友人でOggiでもご活躍中のエディター 三尋木奈保さんは、細いのにも関わらず、よく食べ、よく飲む。

特に私たちの飲みっぷりは、周りが引いてしまうほど!そういうところが彼女とはフィットしちゃうのです(笑)。断食終了して間もない私に、彼女のお誘いは悪魔の囁きにしか感じれないけど、この誘惑には勝てませんでした(泣)。

この日もこの一軒では終わらなかった〜(汗)!

この日は奈保ちゃんのオススメのお店「可不可 KAFUKA TOKYO」へ。麻布十番の商店街から少し抜けたところに、こちらのお店があります。

コンクリートの打ちっぱなしの外観ともまた違った、木の温もりを感じさせる明るい店内。この日はお客様のほとんどが女性でしたが、女性だったら、誰もが喜びそうな優しくも、しっかりアクセントの効いた創作日本料理。そして、その陰の立役者として日本国内で生産されているワインから焼酎、お酒が並びます。まさにお酒と食のマリアージュを楽しむ空間。

【春の訪れを感させるこの日のお料理】

 
 
 
 

 

【日本ワインも充実!でも一度味わいたかったた小牧醸造の一尚を初飲み!】

「一尚」は100年前から培養分離され現存する黒麹菌と酵母菌の力を借り、幾漠々と紡いできた技術を融合させ醸した焼酎。芋の香りもしっかり感じるけど、どこかエレガンスな口当たり。焼酎苦手な方にも一度は是非トライいただきたい焼酎。私はやっぱりロックが好き!

カウンターメインのお店なので、女性ひとりでも立ち寄れそう。レストランだけでなく、日本の美味しいものやカルチャーを発信したり、お料理教室を行ったりなど、定期的にイベントも開催されているそう。「食」を通じて、いろんな方とのコミュニケーションを交わす良いきっかけになりそうなお店です。

もちろん私にとっては、呑み食い道楽ありきですが・・・笑