おしゃれ仕事服の大正解2 「スタイリスト望月律子さんが指南!春いちばんに買うべきなのは『仕事服』」

2017.3.16
1

Vol.1
ミモレ世代のリアルスナップから見えてきた!
春に買いたい仕事服はコレ! by望月律子

昨年末から、皆さんにインスタグラムでアップをお願いしていた、お仕事服のスナップ写真。たくさんの投稿ありがとうございました! 投稿を拝見しながら、ミモレ世代のお仕事コーディネートを徹底分析。その中から見えてきた、いくつかのキーワードをもとに、数々の女性ファッション誌で活躍する人気スタイリスト望月律子さんが、本当に必要なお仕事服を提案してくれました! 

 


インスタ #mimolletootd に寄せられた仕事服

インスタに投稿されたミモレ世代のお仕事コーディネートは、トレンド感はありながらも、きれいめで品のよさはきっちり押さえたものが多い印象。大きく派閥に分けるとしたら、きちんと軽やかなシャツ派、きりっと上品ジャケット派、知的で柔らかな雰囲気のグレーワントーン派の3派閥に分けられるのではないでしょうか。それぞれの派閥で、この春まず買うべきアイテムを望月さんに教えてもらいました!
 

きちんと軽やかシャツ派

ジャケットほどはかっちりと見えないけれど、しゃんとした気持ちになるシャツ。トレンドの、ややカジュアルなオーバーサイズシャツより、ほどよくゆとりのあるパリっとした白シャツが、お仕事服では多数派でした。

#mimolletootd #お仕事服

@an_cerisierさんは、王道の白シャツ×タイトスカートにサッシュベルトを巻いて、旬な雰囲気をプラス。羽織ったロングカーディガンのチャコールグレーが、白×ベージュをきりっと引き締めている。
@hitomelさんはドゥーズィエムクラスのシャツにアクネ ストゥディオズのスキニーデニムを合わせたスタイル。カジュアルだからこそ、衿元や開けたり、袖をラフにロールアップして、女っぽさを演出。

軽やかシャツ派の着こなしを一新!

スタイリスト望月律子さんがおすすめする
シャツ派が春に買うべきアイテムは

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

「スタンドカラーのストライプシャツ」

着かず離れず、ほどよくゆとりのあるシャツには、すらりと見えるクロップトパンツを合わせて。光沢感があって、センタープレス入りのきれいめパンツですが、実はストレッチ入りではき心地抜群! シャツ¥16000/イネド パンツ¥22000/ドローイング ナンバーズ(ドローイング ナンバーズ 南青山店) ピアス¥6000/ガリャルダガランテ、靴¥49000/ペリーコ(ともにガリャルダガランテ 表参道店) ネックレスチャーム¥12000、チェーン¥15000/アガット バングル[5本セット]¥10000/マージョリー・ベア(ココシュニック オンキッチュ 有楽町マルイ店) ベルト¥8000/スタメラ(アングローバルショップ 表参道) バック¥18800/ヤーキ(ショールーム セッション)

RITSUKO'S コメント

シャツ派におすすめしたいのが、スタンドカラーのストライプシャツ。同じようなシルエットのVネックブラウスも出ていますが、ともすると老けて見えるので、ミモレ世代ならヘルシーなコットン素材のシャツがおすすめです。“パジャマ”っぽい太めのピッチが新鮮なストライプ柄は、ややカジュアルなので、ボトムはセンタープレスなど、きりりと見えるクロップト丈のパンツをどうぞ。


スタンドカラーのストライプシャツなら、こちらもおすすめ!

胸元にアシメトリーなラッフルをあしらったノースリーブの一枚。 ブラウス¥32000/アントネッリ(ストラスブルゴ)
光沢感としなやかなドレープが美しいシルクデシン素材。自宅洗い可能。 ブラウス¥19000/23区(オンワード樫山)

 

きりっと上品ジャケット派

ジャケット派の中には、仕事上、ジャケットが必須という方と、気分が切り替わるから、と積極的にジャケットを着る方の2パターンが。いずれの場合も、テーラードジャケットを主役に、ベーシックカラーな着こなしが主流。体に沿うシルエットのものより、ゆったりとした身幅や長め丈を好む人が多く見受けられました。

#mimolletootd #お仕事服

@hiro.0106さんは長め丈のジャケットコートにワイドパンツを合わせた、ゆるシルエットのお仕事コーディネートに。キャメル×黒のこっくりしたカラーリングで落ちついた印象に。
@masayo2832さんはセオリーのテーラードジャケットに、レッドカードのスキニーデニムとセントジェームスの白トップスのお仕事カジュアル。モノトーンでまとめることできりっとした雰囲気を演出。

上品ジャケット派の着こなしを一新!

スタイリスト望月律子さんおすすめする
ジャケット派が買いたいアイテムは

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

「軽やかなツイードジャケット」
 
一枚仕立てで体になじみ、柔らかなシルエットのジャケットは、カーディガン感覚で気軽にはおれます。前スリットのロングタイトスカートは、ミルキーなカーキでオフ白のジャケットとも好相性。 ジャケット¥39000/イネド インターナショナル(イネド) ブラウス¥12000/ICB(オンワード樫山) スカート¥23000/ドレステリア(ドレステリア 新宿店) バングル¥5000/エー・ヴィー・マックス(ココシュニック オンキッチュ 有楽町マルイ店) バック¥33000/セルプイ(ティースクエア プレスルーム) 靴¥46000/ペリーコ(ガリャルダガランテ 表参道店)

RITSUKO'S コメント

ジャケット派にぜひ手に取ってほしいのがツイードジャケット。入学式などセレモニーに着る服、と思われがちですが、今季はあしらいやシルエットがほどよくラフで普段使いしやすいものが増えています。写真のジャケットはダーツが入っておらず、すとんとしたシルエット。袖も七分で、はおるだけで軽やかな雰囲気です。カジュアルになったとはいえ、十分にきちんと感のあるツイードジャケットだから、コットンなど気軽な素材のボトムを合わせても、お仕事仕様に見せてくれるんです。


軽やかツイードジャケットなら、こちらもおすすめ!

ラベンダー×ネイビーの春らしい色合いのジャケット。ゆったりしたシルエット、短めの丈は、はおるだけで今っぽい着こなしに。ニットブランドcoohemの別注アイテム。 ジャケット¥40000/アナトリエ
縁にあしらわれたフリンジがカジュアルなアクセントに。着心地のいいリリアンツイード。 ジャケット¥54000/アナイ

 

優しげな印象になるグレーワントーン派

オンオフ問わず、ミモレ世代に人気の淡いグレートーンでまとめたコーディネート。きちんと感はありながらも、明るいトーンでまとめているので、親しみやすく仕上がります。ベーシックカラー、パステル、鮮やか色、どんな色とも合うグレーは、ワントーン派に限らず、お仕事服に使う人が多い色でした。

#mimolletootd #お仕事服

@ripperinrinさんは、ライトグレーと白で全身をまとめて、バッグに使われたボルドーが効いています。
@graige_plageさんは、トーン違いのグレーアイテムを使った、白からグレーへのグラデーションが見事。リッチに見えるワントーンコーディネートですが、実はGU、GAP、H&Mで構成されているそう。

グレーワントーン派の着こなしを一新!

スタイリスト望月律子さんがおすすめする
グレーワントーン派が買うべきアイテムは
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

「トレンドカラーのピンクニット」
 
春のグレーなら、プリーツスカートのように光沢感のある素材も新鮮。ニット¥25000/ドレステリア(ドレステリア 新宿店) スカート¥34000/フィガロ パリ(フィガロ パリ 東京ミッドタウン店) 眼鏡¥28000/モスコット トウキョウ ピアス¥60000/ウノアエレ(ウノアエレ ジャパン) スカーフ¥8800/マニプリ、靴¥39000/ネブローニ(ともにフラッパーズ) バングル¥18000/フィリップ オーディベール(essence of ANAYI) バック¥16000/サムエレ バローニ(アナトリエ ミュゼ プリヴェアトレ恵比寿店)

スカーフの巻き方は以下の通り。細く長く折りたたみ、片側に結び目を作って首にかける。結んでない反対側の端を結び目に通すとボウタイ風のアレンジが完成!

 

RITSUKO'S コメント

トレンドカラーのピンクニットを投入すると、グレーワントーン派のコーディネートを春らしく刷新できます。今季は本当にさまざまな色味のピンクが出ていますが、ミモレ世代におすすめしたいのは、白混じりのミルキーなピンク。落ち着いた色味ですが、顔まわりを明るく、華やかにしてくれます。合わせる小物は冬と同じく白やグレーだと、春には爽やかすぎるので、ネイビーにして、コーディネートを引き締めて。


ピンクニットなら、こちらもおすすめ!

光沢感と滑らかな肌触りが病みつきになるシルク100%。 カーディガン¥21000/フィガロ パリ
コーディネートの幅を広げてくれる、クルーネックとVネックの2WAY。WEB限定アイテム。 プルオーバー ¥18000 (税抜)/デザインワークス

 

第1回目は、シャツ派、ジャケット派、グレーワントーン派、それぞれが春コーディネートへシフトするためにまず必要な1着と、その着こなしを教えてもらいました! 本格的な春が待ち遠しくなるスタイルばかりでしたね。次回は、オンにもオフにも使えるセットアップについて。もはや定番になったセットアップですが、この春はどんなものがトレンドで、何をピックアップしたらいいのか、詳しく教えてもらいます。お楽しみに!
 

【お問い合わせ先】
アガット tel. 0800-300-3314
アナトリエ ミュゼ プリヴェアトレ恵比寿店 tel. 03-5475-8313
アングローバルショップ 表参道 tel. 03-3470-2151
イネド tel. 0120-290-370
ウノアエレ tel. 0120-009-488
essence of ANAYI tel. 03-5739-3032
オンワード樫山 tel. 03-5476-5811
ガリャルダガランテ 表参道店 tel. 03-5766-1855
ココシュニック オンキッチュ 有楽町マルイ店 tel. 03-3213-5049
ショールーム セッション tel. 03-5464-9975
ティースクエア プレスルーム tel. 03-5770-7068
ドレステリア 新宿店 tel. 03-3344-8015
ドローイング ナンバーズ 南青山店 tel. 03-6427-6940
フィガロ パリ 東京ミッドタウン店 tel. 03-5413-2761
フラッパーズ tel. 03-5456-6866
モスコット トウキョウ tel. 03-6434-1070

撮影/江原英二(NOSTY) スタイリスト/望月律子(Kind) ヘア&メイク/神戸春美
モデル/小濵なつき 取材・文/幸山梨奈 構成/川良咲子(編集部)