スタッフの“今日のコーデ”

2017.3.17

『明日、春が来たら』、ファーをはずしてコート着よう by大森葉子

このまま桜が咲いてしまうんじゃないかと思うほど暖かかったり、ファーやダウンのアウターを着ないと凍えてしまうほど朝晩が冷え込んだり……この時期のアウター選びは本当に難しいですよね?

今回は、3月のアウター問題のお話。

【ファーなし】先頃、真冬仕様のアウターをクリーニングに出し、春先用のスタメンアウターとプチ衣替えしました。が、こちらのモッズコートは夏以外にはいつでもスタメンアウターとしてエントリーできる、かなり優秀な一着です。
【ファーあり】真冬はフード部分のファーをつけて着用しています。ボタンを留めれば首に巻きけられるようにも着られるため、そうやって着用すると首回りが本当に温かいのです。そして、なんといっても「見た目」が温かい(笑)!   
 

なぜでしょう? 1、2月と気温は同じであっても、3月も中旬を過ぎると、なぜか冬物のアウターに袖を通すのは「何だか違う」……と思ってしまいます(あくまでも東京のお話です)。「気温は冬なのに、空気は春」というこの時期、「ファッションは我慢すること」という意見も聞こえてきますが、寒さを我慢しても何もいいことはありません(あくまでも私の意見です)。

そんな日に重宝しているのが、こちらのモッズコート。キルティングのライナーもついており、しっかり温かい。なのに、ファーをオフすれば見た目印象が冬→春へとスウィッチできるんです(さらに、4~6月にはライナーもオフして一重で着ると、軽やかな羽織ものへと早変わり)。

まだまだ肌寒いので、しばらくはカシミアの力を借りていきたいと思います。こちらは、ルメール×ユニクロのファーストコレクションのニット。シルエット、Vの開きや袖や裾のリブの長さ、カシミアのボリューム感など、ディテールすべてが本当に好み。色違いでもっとたくさん買っておけばよかったなぁ。


寒い日もあるけれど、植物の芽吹きを感じ、時に差し込む暖かな日差しに、なんだか気持ちが自ずとワクワクしてくる3月。「ただファーをはずす」だけではありますが、こんな小さなアイデアで、装いを春仕様に徐々にシフトさせていき、これからの花冷えする時期を乗り切りたいと思います。

そして、『明日、春がきたら』……大森に会いに行こう! 直子に会いに行こう! 玉川高島屋に会いに行こう!

スペシャルファッションショー&トークイベント3月19日(日曜日)14時に@本館 グランパティオにて。ミモレ初のファッションショーで、春トレンドをしっかりチェック(編集長による解説付き!)できます。スタッフ一同、皆様にお会いできますこと、楽しみにしております。

余談ですが……『明日、春が来たら』の作詞は、坂元裕二さん。そう、TVドラマ『カルテット』の脚本家! 来週火曜日の最終回、松さん演じる真紀(と、あえて呼びましょう)は、あの4人は、一体どうなってしまうのでしょうか?
 

CREDIT :
コート/green この日と同じ
ニット/ユニクロ
デニム/MM6 この日と同じ
ピアス/H&M この日と同じ
靴/コンバース この日と同じ
バッグ/本屋で購入 この日と同じ
 

大森葉子

主にビューティ担当。「今日は夏休み?」と聞かれてしまうほどの“ど”カジュアルと「今日は何かあるの?」と聞かれてしまうほどのデザイン性のある服が好き。ほぼ“一目惚れ”買い派。

これまで紹介したコーディネート一覧を見る