mi-mollet NEWS FLASH Fashion

2017.3.17

フランス発「ルミノア」で出会ってしまった!
一生の付き合いになりそうなカットソー

皆さん、こんにちは! ライターの榎本です。今日は、展示会で一目惚れしてオーダーしたカットソーについて。何はともあれ、その素晴らしさを全力で伝えるべく着用してみました!

ボーダーカットソーは、「バスクシャツ」という呼び名が主流。でも実は、本場フランスでは、「ブルトンマリン」、「ブルターニュシャツ」と呼ぶのだそう。知らなかった! 私が選んだのはサイズT1。¥11000(税別)で買いました! 1枚で着られるベストな空き具合はこのサイズでした。ハイウエストのデニムとコンバース、そしてヴィンテージのバスケットでフレンチっぽく。

とにかく形がきれいなのですが、後ろ姿が本当に可愛い…(自画自賛ですみません…笑)。背中空きのトップスは今季たくさん出ているけれど、気恥ずかしくてなかなか手を出せずにいた私…。でもこの一枚は、前から見たらいつものボーダー(安心感)、後ろはほんのり色っぽい(冒険)、このバランスに心をつかまれてしまいました…! そして、前後逆に着てもOKなのも声を大にして言いたい素敵ポイント!

前後逆にするとこんな感じ。Vの角度がなだらかだから胸元の削げも気にならないし、なんだか首筋がすっと長く見えるような(気がする)!

こちらは「Le minor(ルミノア)」というブランドのもの。1936年にフランス北西岸・ブルターニュ地方で創業した老舗です。今に至るまで、すべての生産をフランスの自社工場でのみ行っているのだそう。自分たちの商品を大切にしたいという、職人愛を感じます。だからこそ守られるクオリティの高さも魅力。心地よい綿の風合いは、まるで糸一本一本が呼吸しているかのようにしなやかで優しい。自然から生まれた素材のよさを感じることができます。

無地もあります! こちらは、ボートネックのタイプ。榎本、こちらの黒もオーダー(笑)。合わせるものを選ばない、ベーシックなカットソーと念願の出会い…(遠い目)。もしかしたら、これは一生のお付き合いになる可能性も…。4月発売とのことで、まもなく手元にやってくるはず。ワクワク…♡ カットソー各¥11000(税別)

最近クローゼットを見直す機会があり、ベーシックアイテムをほぼ持っていないことが判明しまして…。柄やデザイン、それぞれ個性の強いアイテムばかりだから、合わせ方が一辺倒だったり、着ない服が多数勃発したり…。こうして確実に着回せるベーシックなカットソーが加わることで、ワードローブが活性化するのでは…と期待しております。このカットソーを皮切りに、徐々に今の自分に必要なベーシックアイテムを増やしていきたいと思います!

「ルミノア」のカットソーは、形や色によって取扱店が違うそうなので、気になる方は、ぜひ下記お問い合わせ先に確認してみてくださいね!

お問い合わせ先/ゲストリスト tel. 03-6869-6670

 

榎本洋子/フリーライター。
大学卒業後、ひょんなきっかけでファッション誌のライターに。その後、ブランドのプレス、Web制作会社を経て独立。現在は、ファッション、インタビューなど、雑誌やWebで取材&執筆の日々。好きなものは、 書くこと、おしゃれ、黒、鯖、トイプードル、昼寝。