From editors 「編集部からこんにちは」

2017.3.17

【着比べ隊】着回し力抜群の「スタイルノート」のアイテムを3人がセルフスタイリング!

こんにちは、編集・川端です。現在公開中のベルメゾンのStyleNote(スタイルノート)とミモレの連動企画(その①その②)、もうチェックしていただけましたか?
大草編集長が本気で選んだ「この春、欲しいもの」の中から、今回はセットアップとワンピースの2アイテムを、ミモレ編集部員が着比べてみました! テイストも身長も違う3人を受け止める着回し力(包容力?)をご確認あれ。

 アイテム① 羽織れる「シャツワンピース」

ほど良いゆるシルエットが今年らしい!羽織りにも使えるシャツワンピース。大草編集長が選んだのは、ベージュ。スタイルノート パール調ボタンシャツワンピース ¥9900(税込)

大草編集長による着こなしのコツ【動画解説】はこちら>>

大森と川端はネイビーをチョイスしました!!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

STYLE 01 大森はオーバーオールの上にガバッと羽織って

洗い加工されているのでデニムとの相性もGOOD。 スタイルノート パール調ボタンシャツワンピース ¥9900(税込)(ネイビー・9ARを着用しています)
生地に張りがあるので襟を立ててもサマになる。

パール調ボタンで
カジュアルコーデも品よくまとまる

「オーバーオールにTシャツにスニーカー……と、どカジュアルに転んでしまいがちな私(汗)。きちんと感のあるネイビーにパール調のボタンが効いたワンピースを羽織っただけであら不思議! 大人のきれいめカジュアルに。ボディラインはすっきりしているけど、肩や袖のゆったりしたサイズ感も嬉しい」(大森)

STYLE 02 川端はベルトでブラウジングして

カフスにもパール調のボタンがあしらわれています。

スカーフとベルトで
サファリルック風に♪

「大きめのフラップポケットがサファリジャケット風かしらと。私には少しサイズ感が大きかったので、ベルトで絞めてウエストマーク。バンダナ柄のスカーフと合わせてサファリルックっぽく着てみました。ベージュだとボーイスカウトになりすぎる(!?)と思ったけれど、パール調ボタンとネイビーのお蔭で大人っぽくまとまりました」(川端)

 アイテム② 「カシュクールシャツのセットアップ」

「着るだけでサマになる、抜け感のある8分袖など、女の人をキレイに見せる条件がそろっている」と大草編集長も絶賛のセットアップ。スタイルノート カシュクールシャツ×ラップ風スカートセットアップ ¥14900(税込)

大森がラフに着るとこうなります!>>
 

川良と川端も同じサイズを着てみました!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

STYLE 03 川良はセットでお仕事スタイルに

スタイルノート カシュクールシャツ×ラップ風スカートセットアップ ¥14900(税込) (カーキ・9ARを着用しています)
胸元のあき具合もちょうどいい!

時間のない朝も
着るだけでサッと決まって嬉しい

「季節の変わり目のこの時期のきちんとスタイルって難しいですね。もうニットも飽きてきたし……と(汗)。カシュクールのシャツワンピース風のセットアップなら、ほどよく女らしさもきちんと感もありますね。足元は、今はまだタイツと合わせて、この先はサンダルでも◎。光沢のある上品なカーキ色が茶系とも合わせやすく、単品でも活躍しそうです!」(川良)

STYLE 04 川端はシャツと合わせてマニッシュに

川端の身長(151㎝)だと足首だけが見えるくらいの長め丈に。ヒールパンプスに合わせて。

リボンつきスカートも
カーキなら辛口に

「カシュクールのブラウス、ウエストのリボン……と、私にはフェミニン度数が高め。サックスブルーのシャツと合わせてみました。いつもメンズライクになりすぎてしまうので、たまにはヒールパンプスで。キリッと背筋が伸びます!(笑)」(川端)

ご紹介したアイテムがそのまますぐ買える「StyleNote(スタイルノート)」連動企画

【小澤さん解説動画つき!】「この春は、『女っぽさ30%のせ』の服にトライします♡」はこちら>>

【大草編集長の解説動画つき!】「大草編集長・大森・川端が本気セレクト!この春何着る?どう着る?」はこちら>>

今年の春アイテムの買い足しにぜひチェックしてみてくださいね。

撮影/目黒智子(人物)、SHINTARO(静物) スタリング/大草直子
ヘア&メイク/小澤実和(モデル・大草)モデル/渡辺佳子 構成・文/川端里恵(編集部)