4
4/12 UP!

「フェスタリア ビジュソフィア ギンザ」
初のイベントで、読者の皆さんと
熱く楽しい午後を過ごしました![PR]


ミモレ初のジュエリーコラボをした「フェスタリア ビジュソフィア」。銀座に新しいお店がオープンし、ますます注目度が増している中、3月25日にミモレ読者のみなさんを招いてのコラボイベントが開催されました!

イベント前半は大草編集長のトークショーが行われ、「フェスタリア ビジュソフィア」ブランドディレクターである佐久間千代美さんが司会を務めてくれました。3月下旬は、寒く、天気のすぐれない日が続いていましたが、イベント当日は束の間の晴れ模様! そんな天気に誘われてか、ふたりはまるで示し合わせたかのように桜を思わせる淡いピンクのワンピースで登壇。服装同様、息の合ったトークを繰り広げていました。


イベントを開催した「フェスタリア ビジュソフィア ギンザ」は「House of Star」=「夢を叶える星の館」をコンセプトにデザインされたショップ。白を基調にした店内外には、いたるところに星のモチーフがあしらわれ、お店自体がパワースポットのような気持ちよさなんです。

全面ガラス張り、白を基調にしたオープンな雰囲気の「フェスタリア ビジュソフィア ギンザ」エントランス。出迎えてくれるドアマンを始め、男性スタッフは爽やかなイケメンばかり! 
エントランスには、「フェスタリア ビジュソフィア」のアイコン的存在の“Wish upon a star”のモニュメントが。高いカッティング技術によりふたつの星が浮かび上がるダイヤモンドを、キュービックジルコニアで表現したもの。ご縁と恋愛成就で知られる、東京大神宮にも同じ星の灯りが設置されているそう。



大草編集長、コラボジュエリーに込めた熱い思いを語る!

たくさんのミモレ読者に迎えられ、ビッグスマイルに。落ち着いたピンクのワンピースは、ヌメロヴェントゥーノのもの。

トークショーでは、コラボジュエリーの制作でのこだわったポイントを大草編集長が紹介。「『フェスタリア ビジュソフィア』のブランドコンセプト“ビジュードファミーユ”(家族の宝石)にも通じることなんですが、母から娘、娘から孫へと受け継いでいける普遍的なものがいいなと思い、シンプルなダイヤモンドのネックレスを作りたいとお伝えしました」。デザインで特にこだわったのは、手持ちのネックレスと重ねづけしやすい、65㎝という少し長めのチェーン。そして「ダイヤモンドの位置をあえてずらしてつけるのも動きが出て好きなので、チェーンに固定された両吊りにしました」とのこと。また、マルチウェイであるところも、コラボジェリーの大きなポイント。当日は、大草編集長、「フェスタリア ビジュソフィア」のスタッフの方々が、それぞれ違ったつけ方で登壇し、それぞれの魅力を紹介しました。

大草編集長はプレーンに一連で。「ネックレスって一番ハートに近いから、自分に寄り添ってくれるんですよね」
「華奢な首の方限定ですが」と前置きして紹介したのが、2連にしたチョーカー風。
チェーンに通ったボールの位置をずらして、留めれば、トレンドのY字ネックレスに。



ショッピングアドバイスでは
皆さんとジュエリー使いについて
たくさんお話ができました!

トークショーのあとは、店内の商品を見ながらのショッピングアドバイス。ミモレ読者の皆さんから熱心に質問されていた大草編集長、いつも以上に滑らか、かつ熱のこもった言葉で、ジュエリーの選び方やコーディネート術についてアドバイスしていました。

ショッピングアドバイスでは、読者の皆さんの質問やジュエリー使いの悩みに的確かつ率直な言葉で助言。たとえば、ジュエリーにあしらわれたストーンの大きさに迷う読者には「お顔が華やかだから、大きいほうが絶対に似合う!」との回答。たっぷりとおしゃべりができるように、ショッピングアドバイスはゆったり1時間設けられていました。
コラボのダイヤモンドネックレスは、お店のいちばん素敵な位置にディスプレイ。横に置かれたのは、高度なカッティング技術で、ふたつの星が浮かび上がるダイヤモンド“Wish upon a star”のルースのオブジェ。もちろんコラボネックレスのダイヤモンドも“Wish upon a star”です!
ふたつの星が浮かび上がるダイヤモンド“Wish upon a star”


イベントに参加してくださった読者の皆さんは、「フェスタリア ビジュソフィア」についてより詳しく知るブランドディレクターの佐久間さんや店舗スタッフの方にも質問したり、実際に身につけて、美しいジュエリーたちを体感。当日は、デザイナーの方たちも店舗に来てくださり、デザインコンセプトや開発秘話などの貴重なお話も聞くことができました。

「シンプルなダイヤモンドのネックレスは、Tシャツにさらりとつけても素敵ですよ」とコラボネックレスのコーディネート術を紹介。
いつも魅力的なジュエリーの重ねづけをしているブランドディレクターの佐久間さんも読者の皆さんにジュエリー指南してくださいました。
  • ロゼスパークリングのほか、桜色のマカロンやチョコレートが参加者全員に振る舞われました。
  • 大人気だったコラボダイヤモンドジュエリーは、会場に来てくださったほとんどの方が試着。
  • 手持ちのネックレスとの重ねづけを試される方も。ボールパーツは可動式なのでお好みの位置に。
  • トークショー中に「イエローゴールドは合わせる服を選ばないんです」と大草編集長が話していた通り、試着されたどの方の服にもマッチ。
  • シンプルなロングネックレスは、カジュアルなボーダートップスにも合わせても。
  • 三角と長方形のモチーフが特徴的なフォークリングは大草編集長が当日つけていたもの。



編集部3人もコラボネックレスを
こんなコーディネートで着けてました

今回のコラボネックレスは、プレーンなロングネックレスとしてつける以外にもさまざまに使えるのが特徴。ということで、編集部3人もそれぞれのファッションに合わせてつけてみました。

バタやんこと川端は、大草編集長と同じくプレーンな一連を、Vネックのカットソーと合わせてシャープに。65㎝と長めのチェーンがすらりと見せてくれるので、Sサイズさんにおすすめ。
大森先輩は、上記で紹介したY字のアレンジ版。交差する部分を手前でなく、後ろにもっていき、長く垂れるチェーンも前へ。アシメトリーなつけ方は、モードでカジュアルな大森先輩らしい!
川良も同じくY字ネックレスのアレンジ。大胆に背中のあいたニットに合わせ、長く垂れるチェーンを後ろ側に。背中で揺れる星のエンドパーツがキュート!
後ろでY字にすると、ダイヤモンドはちょうど鎖骨の位置に。センターではなく、ずらせるのも、このネックレスの魅力。


年代やファッションのテイストを問わず、誰もがつけられる普遍的なジュエリーを目指して作られたコラボネックレス。来てくださった方々と編集部員みんなでつけてみたことで、その実力を実感できたイベントになりました。コラボネックレスは、「フェスタリア ビジュソフィア」のショップのほか、オンラインショップでも見ることができます。詳しく見たい! という方は、ぜひ下記からどうぞ♪


【店舗情報】
フェスタリア ビジュソフィア ギンザ
東京都中央区銀座8-8-6 1F・2F
tel. 03-3573-6395

フェスタリア ビジュソフィア 表参道ヒルズ店
東京都渋谷区神宮前4-12-10 表参道ヒルズ本館地下1F 
tel. 03-5785-0911


フェスタリア ビジュソフィアの公式サイトはこちら>>
オンラインショップはこちら>>

提供/フェスタリア ビジュソフィア
tel.03-3573-6395

撮影/目黒智子 ヘア&メイク/小澤実和 取材・文/幸山梨奈 構成/川良咲子(編集部)