2017.4.10

ありがとう、またね。
お久しぶり、よろしくね。

引越しの日の長野は見事な晴れ間を見せてくれました。梅の花も一気に咲いたのではないでしょうか
荷物を全て運び出した我が家。何度引越しを経験しても、お別れの日はやはりさみしいです
長野最終日のお昼は信州そば。結果的に引越し蕎麦になりました。「草笛」のお蕎麦はコシもあって量も多く、ボリューム満点。オススメのお蕎麦屋さんです(長野駅のビル内にもあります)。
3月はたくさんの人に会いました。送別会も何度もしていただき、最後はお見送りにもお友達が来てくれました。あんなに晴天だったのに、長野を離れる時になって急に大雨が。まるでお別れの涙のようでした。また再会できる日を楽しみにしています!

先日、長野から関東に引越して参りました。

長野では、家族共々楽しい想い出ばかりの毎日でした。

長男を出産した頃、夫が転勤になりそれを機に長野へ。右も左も、知り合いもいない土地で出会えた友人が一人増え、二人増え……。生活の基盤ができ始め、楽しくなって来た3年目に大阪へ。それから3年後、また長野に戻ってきました。7年暮らしていたことになります。

お別れは本当に辛いです。でも、2度も長野で暮らせたことが奇跡ですし、再会して絆がぐっと深まった友もあれば2度目があったからこそ出会えた友もいます。私たちにとって長野は第2の故郷です。

全てに感謝して、また新しい生活を始めます。

私にとっては10年ぶりの関東。古巣に戻って来た感は多少あるものの、子育てをするのは初めての場所。わからないことだらけ。

そして子供もたくさん乗り越えなければならないことがあると思います。始業式の日、クラスへ行く前に息子は少し泣いていました。小学校も高学年となると、新しい場所への想いも少し複雑になるのでしょうか。とはいうものの、クラスの男の子たちが積極的に話しかけてくれたようで笑顔で学校から帰って来ました。

やっとこの時間ができました。ふわふわにミルクを泡だててカフェオレにしていただきます

少しずつ、努力もしつつ無理せずに過ごしたいと思います。

まずは乗り越えるべき第一の関門、それは山積みの段ボール!

そして少しでも早くブログを書くゆとりが持てるよう頑張ります!

早くお久しぶりのみんなにも会いたいです。