おはようございます
百瀬今日子です

今回はひとつ前の写真展の話のつづきです
こうした写真も展示されています

 

ライトの関係もあって、正面から撮れず、画像がわかりにくいかもしれないのが申し訳ないのです。もしご興味おありでしたら、ぜひとも実物をご覧にいらしてくださいませ(^-^)

向かって左の三島由紀夫氏が、となりの美女と並んでいます。

 

この女性。


女優の江波杏子さんだそうです。


これは初めてみたお写真でしたし、江波さんということも初めて知りました。


薔薇刑は三島邸で撮られたと見聞きしていましたが、それ以外の撮影場所もあり、これは工場かなにかで撮られたものとのこと。

 

綺麗
 

しかも時代を感じさせない。


時を超えた魅力。

「作品」という力、普遍性などについて考えさせられます。


そして 江波さんはいまもとてもお綺麗ですし その方なりの魅力といったことも考えさせられます。


時をかける少女、ならぬ 女。

聖母マリア、ヴィーナス、モナリザ、見返り美人…
いろいろありますね…


三島由紀夫氏よりも この美女がじつは衝撃的だった私でした。


百瀬今日子でした